So-net無料ブログ作成
検索選択

ボアッソン、単独逃げ切りV 総合はヴォクレールが維持 TdF17S [TdF2011]

【TdF】第17ステージ(ガップ〜ピネローロ 179km)はエドヴァルド・ボアッソン・ハーゲン(チームスカイ)が2級プラマティーノ峠手前でアタックを決め、10kmを単独で逃げ切り勝利した。メイン集団からはコンタドールがアタックをするもゴール手前でシュレック兄弟が追いつきタイム差つかず。
個人総合はトマ・ヴォクレール(EUC)が総合上位陣から若干のタイムを失うも維持した。エヴァンス、フランク、アンディ、サンチェス、コンタドール、クネゴ、バッソ、ダニエルソン、ウランの順。
ポイント賞はマーク・カヴェンディッシュ(HTC)、山岳賞はジェリ・ヴァネンデール(OLO)、新人賞はリゴベルト・ウラン(SKY)が獲得した。

【TdF17S見所】122km14人の逃げ決まる。山岳Pをシャヴァネル獲得。64.3kmペレスが飛び出し1級先頭通過。12.2kmまで単独で逃げる。シャヴァネルとボアッソンが先頭になるも10.9kmでボアッソン先頭に。3番手のイヴェール、集団からヴォクレールお宅訪問。

第17ステージは、ボアッソン、モレッマ、カザール、エルファレス、シャヴァネル、フォフォノフ、パテルスキ、ムラヴィエフ、イヴェール、ボジッチの順。

残り64.3kmから52km間も単独で逃げた敢闘賞はルーベン・ペレス(EUS)ですか。

山岳賞のヴァネンデール、日焼けが…。メット焼けですか。

ヴォクレール、タイムを若干失う。

サンチェス、コンタドールの後ろにアンディらが追いかけ追いついた。同一集団フィニッシュ

サンチェスとコンタドールがフラムルージュを通過。

サンチェスとコンタドールが一緒になってゴールへ向かっている。ヴォクレールは単独、先ほどのお宅訪問が利いたか。

ヴォクレールもイヴェールが入り込んだ駐車場に侵入。

【G】ボアッソン、逃げ切りフィニッシュ。

残り1km、ボアッソン、先頭でフラムルージュを通過。

メイン集団からコンタドールが下りで飛び出す。サンチェス、ヴォクレール、アンディらを置いていく。

ヴォクレール、メイン集団の下りでオーバーラン。

残り3km、ボアッソン先頭。メイン集団とのタイム差4分53秒。

残り4km、メイン集団が2級山岳を通過。4分53秒。3番手のイヴェール、下りでコースアウト、駐車場に侵入。

イヴェール(SAU)が下りで路肩ギリギリで走行。道幅が狭いのでカーブを曲がるのは大変。残り6.7kmでイヴェール結局単独転倒。

【2】残り8km、ボアッソン(SKY)が2級山岳プラマティーノ峠を先頭で通過。タイム差4分53秒。10秒遅れでモレッマ(RAB)イヴェール(SAU)が続く。

メイン集団からコンタドールがアタック。アンディ、ヴォクレール、エヴァンスがマーク。

残り10.2km、イヴェール(SAU)が追走集団から飛び出し、先頭ボアッソンを追っている。メイン集団とのタイム差4分53秒。

残り10.9km、ボアッソン(SKY)がアタックし、シャヴァネルを置いていく。

残り11.5km、シャヴァネル(QST)にボアッソンが追いつく。先頭は2名に。

残り12.2km、シャヴァネル、先頭のペレスを追い抜き先頭に。一気に差が開いた。

メイン集団はBMCが先頭をひいている。

追走が追い上げフォフォノフが吸収。先頭と追走のタイム差10秒。

追走13名からフォフォノフ(AST)がアタック。ペレスに追いつけるか。

残り14km、メイン集団とのタイム差6分37秒。メイン集団はBMCとレオパード・トレックがひいている。

残り14.8km、先頭のペレス(EUS)が2級山岳プラマティーノ峠への登りに突入。登坂距離6.7km、平均勾配6%となっている。

残り16.1km、アイゼル(HTC)がパンク。

57秒遅れで20kmのアーチを追走13名が通過。

残り20kmのアーチをペレスが先頭単独で通過。タイム差7分30秒。ランプレが先頭になりメイン集団のペースが上がった。

残り21.8km、メイン集団は新人賞のウラン&ランプレが先頭になってタイム差を縮めようとペースアップに入った。

残り26.3km、先頭から追走13名まで1分14秒、第2追走までが2分25秒、メイン種までは8分となっている。

残り29km、先頭ルーベン・ペレスが単独、メイン集団とのタイム差は8分6秒。メイン集団はガーミンとユーロップカーが前に出てひいている。途中ヴォクレールの攻めもw

残り37.7km、メイン集団からフースホフトがパンク。バイク交換。

残り40km、タイム差8分。先頭はルーベン・ペレス(EUS)、追走13名、第2追走3名、メイン集団となっている。
追走はモレッマ(RAB)、チャリンギ(RAB)、ホホノフ(AST)、ムラヴィエフ(RSH)、アマドール(MOV)、パテルスキー(LIQ)、ボアッソン(SKY)、シャヴァネル(QST)、カザール(FDJ)、エルファレス(COF)、ボシッチ(VCD)、ルークマンス(VCD)、イヴェール(SAU)の13名。
第2追走はロッシュ(ALM)、デヴェールト(QST)、フーガーランド(VCD)の3名。

【1】残り62km、1級山岳セストリエール峠(2035m)をルーベン・ペレス(EUS)が先頭で通過。

残り64.3km、ペレス(EUS)が先頭14名から飛び出す。

残り65.2km、悪魔おじさん登場。

【2】残り82.5km、2級山岳モンジェネヴル峠(1860m)をシャヴァネル(QST)が先頭で通過。イタリアにいよいよ突入。

【3】残り93.5km、3級山岳ラ・ショセをシャヴァネル(QST)が先頭で通過。ルークマンス(VCD)が続いて通過。

【S】残り97.5km、中間スプリントポイントをカザール(FDJ)が先頭で通過。タイム差5分。

【3】残り107.5km、3級山岳サント・マルグリートをシャヴァネル(QST)が先頭通過。エルファレ(COF)が続く。メイン集団とのタイム差4分55秒。

残り122km、メイン集団から飛び出した4名が合流し先頭は14名に。合流した4名はモレッマ(RAB)、パテルスキー(LIQ)、シャヴァネル(QST)、ポジッチ(VCD)。

残り129km、メイン集団から再びアタック。先頭は10名に。
ペレス(EUS)、チャリンギ(RAB)、フォフォノフ(AST)、ムラフエフ(RSH)、アマドール(MOV)、ボアッソン(SKY)、カザール(FDJ)、エルファレ(COF)、

残り139km、先頭10名がメイン集団に吸収。

残り169km、メイン集団からアタックが決まり先頭は10名に。
ゲルデマン(LEO)、トーマス(SKY)、ボアッソン(SKY)、ディグレゴリオ(AST)、サンチェス(RAB)、ルイ・コスタ(MOV)、カザール(FDJ)、ホンド(LAM)、ヴァンガーデレン(HTC)、デヘント(VCD)
http://www.jsports.co.jp/cycle/tour2011/stage/stage_17.html
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。