So-net無料ブログ作成

カヴ、最後のスプリント制し5勝目 エヴァンス、マイヨジョーヌ獲得 TdF21S [TdF2011]

ツール・ド・フランスは25日、第21ステージ(クレテイユ〜パリ/シャンゼリゼ 95km)が行われ、マーク・カヴェンディッシュ(HTCハイロード)がロングスプリントを制し今ツール5勝目を果たした。カデル・エヴァンス(BMC)がオーストラリア人として初めて総合優勝を飾った。
最終日にあたる第21ステージ、パレード走行のあと、選手たちはシャンゼリゼに向かう。1周6.5kmの世界最大の周回コースを8周回し、途中35.5kmの中間スプリントポイント、最後のゴールスプリントを争う。
パレード走行では4賞、総合優勝チームなどがメイン集団の前方で記念撮影が行われ、和やかに選手は走行する。実際のスタート地点を通過し、エヴァンスがすぐさまマイヨジョーヌカラーのバイクから普段のバイクに交換をする。「乗り慣れたバイクでゴールを」とのコメント。途中、コンタドールやクネゴ、アンディらが前方に移動しエヴァンスに祝福を述べるシーンもあった。
残り51km、トンネルを抜けシャンゼリゼ通りに突入すると、集団の前方にいたBMCの選手を追い抜き、中間スプリントポイントを獲得しようとする選手が飛び出していく。コレン、ロワ、パォリーニョ、バク、リブロン、スィフトの6名が飛び出し中間スプリントポイントを通過、メイン集団からはカヴェンディッシュがポイントを獲得した。
先頭6名とメイン集団とのタイム差が1周毎に徐々に縮まっていき、8周目に最後の鐘が鳴る頃にはタイム差が13秒に縮まっていた。残り2.8kmで先頭6名の全員が吸収され、いよいよメイン集団の各チームはゴールスプリントの体制に入っていく。残り1.1kmでアイゼルが先頭になりHTCトレインが結成。アイゼル、マルティン、ゴスとなり、最後のレンショーが左に避けるとカヴェンディッシュが発射され、カヴェンディッシュが追ってきたボアッソン・ハーゲンをものともせず逃げ切りゴールスプリントを制した。
ゴール後、総合優勝を飾ったカデル・エヴァンスの周りにはBMCの選手が集まり、エヴァンスの優勝を祝った。
ポイント賞はマーク・カヴェンディッシュ(THR)、山岳賞はサミュエル・サンチェス(EUS)、新人賞はピエール・ローラン(EUC)、チーム総合優勝はガーミン・サーヴェロ、総合敢闘賞はジェレミー・ロワ(FDJ)が獲得した。

【TdF】第21ステージ(クレテイユ〜パリ/シャンゼリゼ 95km)はマーク・カヴェンディッシュ(HTCハイロード)が6.5kmの世界最大最高峰の周回スプリント制した。今ツール5勝目となった。カデル・エヴァンス(BMC)がオーストラリア人として初めて総合優勝を飾った。
ポイント賞はマーク・カヴェンディッシュ(THR)、山岳賞はサミュエル・サンチェス(EUS)、新人賞はピエール・ローラン(EUC)が獲得した。

【TdF21S見所】パレード走行を終え95kmを走行。パリ・シャンゼリゼに入るまでは大きな動きはなし。途中エヴァンスがマイヨジョーヌカラーから普段のバイクに交換「乗り慣れたバイクでゴールを」と。51kmトンネルを抜けるといよいよシャンゼリゼ、いよいよ。

ヴォクレールとジルベール、ベルギーからスタートということで、ポディウムに呼び出される。

4賞の表彰。ローラン、サミュエル・サンチェス、カヴェンディッシュ、エヴァンス、おめでとう。

チーム総合優勝はガーミン・サーヴェロが獲得。なんだ、あの看板はw ザブリスキー。

え?フランクに子供?うぇ〜〜〜〜〜〜?

今まで生で国家斉唱はなかったような…。

てか、急遽、日本人がマイヨジョーヌ獲得した場合、日本人は誰が君が代を歌いにいくんだろう。

総合3位の表彰。シュレック兄弟が脇に。真ん中の少し高い台に乗っているエヴァンスよりもシュレック兄弟の方が高い。

苦節何年だかわからない。34歳カデル・エヴァンスがマイヨジョーヌ獲得。顎にきょうはあまり割れ目がない。

敢闘賞はジェレミー・ロワ(FDJ)。う〜ん、気合いだ〜。

ローラン、新人賞獲得。アンディは新人賞獲得し、今万年No.2に…。気をつけよう、ローラン。

サミュエル・サンチェスのマイヨ・ブラン・ア・ポワ・ルージュはファミリーで。キッズとともに。

カヴは相変わらずマイヨベールにキスをする映像がいい。

さらっとしているな、カヴの表彰は。

第21ステージはカヴェンディッシュ(THR)、ハーゲン(SKY)、グライペル(OLO)、ファーラー(GRM)、カンチェッラーラ(LEO)、オス(LIQ)、ボジッチ(VCD)、ヴァイクス(AST)、チオレック(QST)、アングルヴァン(SAU)の順。

ジルベールと抱き合うカヴ。

ゴール後、エヴァンスの周りにBMCの選手が集まる。

【G】マルティン、ゴス、レンショーまできて、きた〜、カヴが決めた。カンチェもゴールスプリントに参加。

残り1.1km、アイゼルが先頭に。HTCトレイン、盤石。

残り2.1km、バクが吸収。ジルベールがひいている。

残り2.8km、スイフト、メイン集団に吸収。

残り4km、バク先頭、スイフト遅れる。HTCがメイン集団から上がってきた。

残り5km、バクとスイフトが先頭に。

チャリンギも飛び出す。先頭ではスイフトがアタック。

ラボのバレドがメイン集団からアタック。

残り6km、最後の鐘が鳴り最終の8周目に突入。いよいよツール・ド・フランス2011はあと6kmで終了。タイム差13秒。

メイン集団はランプレが前方に出てきた。シャヴァネルのためか。

残り10km、タイム差22秒。

残り12km、7周目に突入。タイム差30秒に。徐々に縮まってきたか。

オベリスク、噴水、ルーブル、トンネル、ジャンヌダルク、観覧車、凱旋門の順となっている。

残り15km、先頭6名のうちバクが引かないので実質先頭は5名か。タイム差32秒。

メイン集団はジルベールが引き始めた。

残り19km、6周目に突入。メイン集団はヘシェダル、ラングがひいている。先頭6名とメイン集団とのタイム差37秒。

残り20km、タイム差39秒。

残り22.1km、バレドが落車、アシストも誰もいない。

残り22.3km、タイム差徐々に広がり43秒に。HTCがどのタイミングで詰めてくるのか。

残り24.5km、5周目に突入。先頭6名とメイン集団とのタイム差35秒。変わらず。

残り26km、先頭6名はしっかり先頭交代をおこなっている。タイム差34秒。

残り28.3km、ジルベール、カーブ手前で最後尾、ゆったり走行。

残り30.5km、4周目に突入。先頭6名とメイン集団とのタイム差34秒。

残り32.8km、先頭6名、メイン集団とのタイム差38秒。

カヴ、バイク交換。パンクか?

中間スプリントポイントをコレン、ロワ、パォリーニョ、バク、リブロン、スィフト、カヴェンディッシュ、ゴス、ロハス、ジルベール、レンショー、アイゼル、デヘント、ナバルダスカス、マルティンの順で通過。

【S】残り35.5km、中間スプリントポイントをコレンが先頭で通過。メイン集団からはカヴが先頭で通過。

残り36.5km、3周目に突入。コレン、リブロン、スイフト、パオリーニョ、バク、ロアが先頭。

残り38.1km、スイフトに追走が合流し先頭は6名に。

スイフト先頭、追走5名、メイン集団は横一列になっている。

残り40km、スカイのスイフトが飛び出した。200mくらい差が開いた。

シャヴァネル、ルイ・コスタともう1人が飛び出している。

画面左上に地震マーク。

ルイ・コスタが1人飛び出した。

残り43km、2周目に突入。先頭6名。

先頭フレチャ、バクらを含む7名が飛び出した。

凱旋門に向かって走行中。BMCを追い抜いていく選手が多数。いよいよ。

50km、1周6.5kmの世界最大最高峰の周回コースにいよいよ突入。BMCが先頭、レオパード・トレックが続いている。

残り51km、いよいよトンネルを通過。

残り51.4km、BMCがシャンゼリゼを走行。徐々に隊列が縦長になってきた。

残り54km、フースホフト、ボトルをもらいにチームカーへ下がった。

残り55km、BMC、モヴィスタのほかにHTCも前方に出てきた。

残り58km、パリ市内に集団が突入。

残り60km、BMCとモヴィスタがメイン集団をコントロール中。徐々に集団は横一列になってきた。

残り61.9km、バイクに乗ったカメラマンのヘルメットに兎の耳w

残り65km、集団は平均時速は23kmで走行。

残り72.3km、コンタドールとエヴァンスが握手。知らぬ間に前方にコンタ出てきていた。前回王者が現在の王者を祝福。

コンタドールは一体どこに?

バイク交換のエヴァンス、一緒に戦ってきて乗り慣れたバイクでゴールしたい、と。

残り85.9km、エヴァンスがバイク交換。マイヨジョーヌカラーのスペシャルバイクから通常バイクに。

残り89.8km、エバンスがチームカーとシャンパンで乾杯。

残り90.2km、エヴァンスさん、後方に下がりボトル要求。もしやメンバーのためにボトル運びしてあげちゃうの?

残り91.3km、タイム表示のお姉さん、以前より胸が…。

BMCが横一列になってアクチュアルスタート。いよいよツール・ド・フランス2011最終日。てかスタートの瞬間見逃した。

残り35.5kmに中間スプリントポイントが設定されている。昨年はスプリントポイント時に電話取材をしていててんやわんやだったけど、今年は?

今度はBMCが先頭で横一列になり記念撮影。山岳に入るとエヴァンスをアシスト出来なかったけれど、良いチームだった。

カンチェとフースホフトが対談。フースホフト、カンチェのマイクに向かってお話中。

シュレック兄弟とエヴァンスが肩を組んでいる。いいね〜。

ツール・ド・フランス2011第21ステージがスタート。現在はパレード走行中。4賞ジャージが一番前に出て肩を組み記念撮影中。

http://www.jsports.co.jp/cycle/tour2011/stage/stage_21.html
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。