So-net無料ブログ作成
検索選択

カヴ、娘に捧げたジロ2勝目 ナヴァルダスカス首位を維持 Giro5S [Giro2012]

【Giro】第5ステージ(モデナ〜ファーノ 209キロ)は、マーク・カヴェンディッシュ(スカイ・プロサイクリング)がチームのアシストに助けられ、4級山岳も難なくこなし、ゴールスプリントを制しジロ2勝目を飾った。2位マシュー・ゴス、3位ダニエーレ・ベンナーティだった。
ラムナス・ナヴァルダスカス(GRM)が総合首位を獲得した。2位ロバート・ハンター、3位ライダー・へシェダルとなった。
マリア・ロッソ・パッショーネはマシュー・ゴス(OGE)、マリア・アッズーラはアルフレッド・バッローニ(FAR)、マリア・ビアンカはラムナス・ナヴァルダスカス(GRM)となった。


【Giro5S見所】スタート直後から4名飛び出す。36.3キロ、ガレドと口論のアエドが接触落車。4級山岳上りでデマルキ逃げ、集団はリクイガスひき、フースホフト、ファーラーらスプリンター遅れるもカヴ残る。20キロでデマルキ吸収、集団はゴールスプントへと準備着々… 

きょうの中継映像のまとめはカヴと奥様のキスで締めた。

カヴ、シャンパンの代わりに生後1カ月の娘を抱いて表彰式に登場。シャンパンファイトはなかった。第3ステージで落車した膝の傷がすでに治りかけ。驚異の回復力が強さの証か。

【G】カヴ、チームの力で盤石の2勝目 ゴスが横に出るも圧勝 Giro5S別府のアタックによりゴスの活躍もはっきり。ゴス、ゴール後カヴのお尻を叩き勝利を称える。

スカイのアシストに守られたカヴが飛び出し、左横にはゴスが上がってくるもカヴが完勝。

残り1キロ、別府と思いきやタフトがアタック。数百メートル逃げるもスカイに吸収。

残り2キロ、HTCの同門対決となるか。カヴ、レンショー、ベルナーティら。

残り3.4キロ、マダスハンセンがアタックするも吸収。

残り5.3キロ、スカイ、ラボバンク、オリカらが集団の前方に出てきた。

ファーノの観光映像とともに集団の走行映像。

残り10キロ、集団の先頭はめまぐるしく交代している。追走のファラーがアシスト選手の肩を叩いた。ゴールスプリントは諦めた模様。

残り12.5キロ、アニョーリがアタック、ビスコンテイがくっついている。も、別府が集団をひいて吸収。

残り15キロ、アスタナが集団をひいている。右画面はイタリアの観光映像。

残り20キロ、デマルキは集団に吸収。リクイガス率いる集団により有力スプリンターは遅れていった。

残り20キロ、ファラー、フェラーリらが遅れている。

残り25キロ、集団はリクイガスがひいている。逃げのデマルキとのタイム差45秒。徐々に縮まっている。

残り26.6キロ、逃げていたデネグリ、ブルギャクが集団に吸収。逃げはデマルキのみに。

カヴ、集団から遅れず走行。調子いい?

残り30キロ、先頭デマルキと集団とのタイム差1分6秒。タイラー・ファーラーが苦しい表情、上りで遅れている。落車したフィニー、フースホフトも遅れている。

テイラー・フィニー、右足にコンプレッション、先ほどの落車に巻き込まれ、バイクジャージ後方が破れている。集団に戻ろうとしている。

集団はリクイガスとスカイが前方に出てきた。

残り33.5キロ、逃げ3名からデマルキが下りに入って飛び出す。

残り34.3キロ、登りで3名が落車。BMCが巻き込まれる。

残り35.3キロ、ベネグリ、デマルキ、ブルギャクが山岳ポイントを通過。カイセンは遅れた。

残り36.7キロ、アエドとフィニーらが落車。アエド、ジョン・ガレドと口論中に前輪を接触させ転倒。 

残り44.1キロ、先頭4名がスプリントポイントを通過。一瞬デネグリが飛び出し、カイセン、ブルギャク、デマルキの順に。集団とのタイム差3分47秒。

残り47.7キロ、ガーミンが集団を引き始めた。逃げ4名に追いつけるか。タイム差4分24秒。

残り50.6キロ、空撮からの映像でソーラーパネル。パネルに何か文字が書いてあった。

残り53.1キロ、カラーラが審判カーと会話したあと後方に下がって行った。

残り55キロ、タイム差5分15秒。ヘリコプターからは海外線を撮影している。

アニョーリ、バッソのバイクシューズを留め直しているときに、後ろから押している。この時間帯はリクイガスの時間か。

うわぁ、アニョーリがBMCの選手を抜きざま、バイクボトルの水をかけて追い抜いて行った。

残り65キロ、逃げ4名、集団とのタイム差5分35秒。75キロ地点とさほど変化せず。

残り67.5キロ、クネゴが左手をサムズアップ。表情が絞れてみえる。

残り71キロで短パンたいむに突入。風の状況を解説中。

残り73.7キロ、アスタナのディアチェンコがバイクジャージの背中部分に大量のバイクボトルを入れてチームメンバーにボトルの分配をしている。

残り75キロで5分37秒差まで詰めた。

きょうのステージでもっともテレビカメラに映ったのは虫?

残り85キロ、逃げはデマルキ、デネグリ、ブルギャク、カイセンの4名。集団とのタイム差5分45秒。集団は縦長の隊列で進んでいる。

きょうは209キロの平坦コース。残り44キロまでは平坦で、4級山岳があって、ラストはスプリント勝負なコース設定か。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。