So-net無料ブログ作成

ロドリゲス、アッシジへの上り200メートルで爆発 ステージVと総合首位を獲得 Giro10S [Giro2012]

【Giro】第10ステージ(チヴィタヴェッキア〜アッシジ 186キロ)は、ホアキン・ロドリゲス(カチューシャ チーム)が4級山岳アッシジへの細い上りを虎視眈々と狙い最後の200メートルで飛び出しステージ優勝と総合首位を手中におさめた。
ホアキン・ロドリゲス(KAT)が総合首位を獲得した。2位ライダー・ヘシェダル、3位パオロ・ティラロンゴとなった。
マリア・ロッソ・パッショーネ(ポイント賞)はマシュー・ゴス(OGE)、マリア・アッズーラ(山岳賞)はミケール・ルビアノ(AND)、マリア・ビアンカ(新人賞)はダミアーノ・カルーゾ(LIQ)が獲得した。

《総合順位》
1 ロドリゲス(KAT)
2 ヘシェダル(GRM) +17
3 ティラロンゴ(AST)+32
4 クロイツィゲル(AST)+52
5 インサウスティ(MOV)+52

《第10ステージ順位》
1 ロドリゲス(KAT)
2 フザルスキ(APP)
3 ヴィスコンティ(MOV)
4 ポッツォヴィーボ(COG)
5 ガドレ(ALM)


【Giro10S見所】アップダウンが繰り返される186キロ、最後4級山岳頂上ゴールへ。5名が逃げ、89キロのスプリントポイントで集団の前方に飛び出しカヴ1P獲得。32キロ集団からクレメント飛び出し17キロで先頭合流。7.5キロで集団吸収。残り5キロからは見逃すシーンがないほど混戦。

ロドリゲス、総合表彰でもサングラスで登場。しっかりシャンパンファイトを楽しむ映像がRaiではあった。

ロドリゲス、サングラスで登場。表彰式でシャンパンファイトを豪快に振りまく。

【G】【4】残り300メートルでホアキン・ロドリゲス(KAT)がアタックし、4級山岳アッシジを制す ホアキン、マリアローザ獲得

右側からクロイツィゲル(AST)がいくもスラグテル(RAB)がひく。

残り1キロで吸収され、カチューシャが先頭に。

残り2.1キロ、下りに突入。ウラン(SKY)、ガドレ(ALM)が前に飛び出した。

スラグテル(RAB)が先頭。

残り2.6キロ、ポッツォヴィーボが虎視眈々とアタックのタイミングをうかがっている。

残り3キロ、グリーンエッジ吸収。ラボの選手が今度は飛び出す。

残り3,4キロ、グリーンエッジの選手が力強い飛び出しを決めた。

コルナゴの波状攻撃。

残り4キロ、レディオシャックが先頭に。

残り5キロ、上りに突入。AG2Rの選手が先頭、後ろにリクイガス2人。

残り6キロ、コルナゴの選手が飛び出すも吸収。

残り6.4キロ、スカイが集団の先頭に出てきた。アスタナも横に。

残り7キロ、集団内でカヴは後方に。スカイのサポートもおらず。

残り7.5キロ、逃げていた6名が集団に吸収。

ゴール前5キロから上りに突入。上りは2段階に分かれている。

残り10キロ、集団先頭でナヴァルダスカスをガーミンのチームメイトが押している。タイム差20秒に。

集団はリクイガスがコントロール。リクイガスも前方に出てきた。

残り15キロ、先頭6名と集団とのタイム差52秒。ガーミンが集団をコントロール。ペースが上がった。

残り17キロ、追走集団が追いつき先頭は6名に。

17.7キロ、集団はリクイガス、スカイ、ガーミン、カチューシャのトレインが出来ている。

追走集団から先頭集団が目の前に見える。

残り19.3キロ、ロットの選手がメディカルカーに寄っていった。ティッシュか何かを欲しがっている。鼻血か?

残り20キロ、逃げボナフォン、ミンゲス、ファイッリの3名、追走クレメント、ブランドル、ケイゼルの3名、集団という形になっている。タイム差15秒、1分17秒。

ベラスコ(EUS)のバイクパンツに破れた痕が。落車したのか。

残り25キロ、逃げボナフォン、ミンゲス、ファイッリの3名、追走クレメント、ブランドル、ケイゼルの3名、集団という形になっている。24秒、1分26秒差。

残り30キロ、ボナフォン、ミンゲス、ファイッリが飛び出した。メイン集団とのタイム差1分16秒。

短パンタ〜イム!ゴール1キロからは瞬き禁止の指令。

残り31.9キロ、集団からクレメント(RAB)がアタック。

RAIではマグネシオ・ポタッチォというドリンクの宣伝をお姉さんがしている。

残り35キロ、先頭は5名、集団とのタイム差1分25秒。先頭集団は先頭交代を淡々と行っている。

残り40キロ、1分28秒差。チームカーに後ろへいくよう指導が入り先頭が活性化したか?

残り45キロ、先頭はボナフォン(ALM)、ミンゲス(EUS)、ファイッリ(FAR)、ブランドル(APP)、ケイゼル(VCD)の5名。タイム差1分18秒。着々とタイム差が縮まっている。

残り50キロ、1分51秒。集団はやや横に並んでいる。カチューシャ相変わらずコントロール中。

残り53.4キロ、フミ(OGE)が集団後方にいてチームカーのドリンクを要求している。笑顔だ。

残り55キロ、タイム差2分5秒。ケイゼル(VCD)のリアメカ変速の動きを撮影している。変速頻度が高い。

残り59キロ、集団はおしっこタイムに突入。

残り60キロ、先頭はボナフォン(ALM)、ミンゲス(EUS)、ファイッリ(FAR)、ブランドル(APP)、ケイゼル(VCD)の5名。タイム差1分43秒。

残り65キロ、タイム差2分8秒。

集団後方ではバッローニ(FAR)がメディカルカーで治療をしてもらっている。

残り70キロ、逃げ4名、タイム差2分18秒。集団はカチューシャがコントロール。

残り75キロ、タイム差2分51秒。集団内でペレス(AND)がギブスを外してグローブを着用している。。

残り78キロ、集団は丘の上にある一本道を隊列を組んで走行中。緑がまぶしい。

残り80キロ、逃げはボナフォン(ALM)、ミンゲス(EUS)、ファイッリ(FAR)、ブランドル(APP)、ケイゼル(VCD)の5名。タイム差3分23秒。集団はお食事中。

残り81.8キロ、逃げているミンゲスがチームカーからサコッシュをもらい補給中。集団は補給ポイントに突入。

集団からはカヴが飛び出しスプリントポイントを6位

【S】残り88.9キロ、スプリントポイントをケイゼル(VCD)、ミンゲス(EUS)、ブランドル(APP)、ボナフォン(ALM)の順で通過。先頭で通過したケイゼル、ミンゲスに抗議をしていた。

逃げはボナフォン(ALM)、ミンゲス(EUS)、ファイッリ(FAR)、ブランドル(APP)、ケイゼル(VCD)

14 ボナフォン(ALM)
64 ミンゲス(EUS)
73 ファイッリ(FAR)
198 ブランドル(APP)
217 ケイゼル(VCD)

昨日の落車でポッツァートがスタートを切らずリタイア。きょうの第10ステージは190名がスタートをきった。

第10ステージ観戦。チヴィタヴェッキア〜アッシジ 186キロ。途中細かいアップダウンの繰り返しあるも、山岳ポイントは4級山岳頂上ゴールのみ。ゴール前5キロから上り開始。Nを右45度に倒した形と言えば良いだろうか。平均勾配9.2%最大15%となっている。上り詰めた後は一旦下り坂になり1.2キロから平均勾配8.5%、最後の上りに突入。

ジロをJ Sportsで観戦出来ない方にはストリーミング http://videochat.gazzetta.it/index_Radiocorsa01.shtml?c=Ciclismo_Libero 、スマホなどでRai公式アプリ、ガゼッタ公式アプリを活用する方法があります。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。