So-net無料ブログ作成

カヴ、スカイトレイン崩壊も独力で3勝目 ロドリゲス総合首位 Giro13S [Giro2012]

【Giro】第13ステージ(サヴォーナ~チェルヴェレ 121キロ)は、トレイン崩壊するも、マーク・カヴェンディッシュ(SKY)が単独でフィニッシュラインまで踏み倒しゴールスプリントを制し3勝目を飾った。
別府史之(OGE)は1分32秒遅れの3時間3分39秒、162位でゴールした。
ホアキン・ロドリゲス(KAT)が総合首位を維持した。2位ライダー・ヘシェダル、3位サンディ・カザールとなった。
マリア・ロッソ・パッショーネ(ポイント賞)はマーク・カヴェンディッシュ(SKY)、マリア・アッズーラ(山岳賞)はミカル・ゴラス(OPQ)、マリア・ビアンカ(新人賞)はダミアーノ・カルーゾ(LIQ)が獲得した。

《総合順位》
1. ロドリゲス (KAT) 3:02:07
2. ヘシェダル (GRM) +17
3. カザール(FDJ) +26
4. ティラロンゴ (AST) +32
5. サンタロミータ (BMC) +49

《第13ステージ順位》
1. カヴェンディッシュ (SKY)
2. クリストフ(KAT)
3. レンショー(RAB)
4. モドロ(COG)
5. ファヴィッリ(FAR)


【Giro13S見所】121キロの平坦ステージ。スタート直後2人の逃げ。89.2キロ争わずファイッリ4級山岳獲得。38キロ集団内からカヴ中間スプリント3位ポイント稼ぐ。21キロ逃げ2名吸収。15キロからゴールスプリントへの争い。別府集団を引くシーンも。

カヴ、ポディウムでお姉さんにシャンパンがけ!

【G】カヴ、最後の最後にスカイトレイン崩壊するも独力で3勝目

オリカグリーンエッジが先にしかけ、スカイトレイン崩壊。ゴス発射するもフェラーリ、カヴがアタックし踏み倒した。

残り1キロ、スカイ3枚後ろにカヴ。

残り1.6キロ、スカイがサクソバンクに襲いかかり、スカイ先頭に。

残り2.3キロ、カヴの後ろにぴったりくっついているレンショー、どうなるか。

残り3キロ、サクソバンク、スカイ、グリーンエッジが動いてきた。

残り3.7キロ、リクイガス、スカイ、サクソバンクが数をそろえている。

残り4.6キロ、3人が吸収。

残り5.5キロ、逃げ3名ベラール、フェリーネ、ヴェルモト、集団が微妙に逃がしている。

残り6,6キロ、ベラール(AD2R)とフェリーネ(AND)が集団からアタック。ヴェルモトもついて行く。

残り7.9キロ、FOCUS別府、後ろに下がっていく。仕事終了。

残り9.2キロ、ベネデッティとロランが左カーブで落車。

残り10.2キロ、別府が先頭で再びひいている。

残り12.2キロ、集団の先頭を別府がひいている。

残り15キロ、グリーンエッジも板を集めてきた。ゴス狙うのか?ランプレも出てきた。

残り20キロ、集団は横になって進行中。エウスカルテル、FDJ、カチューシャ、リクイガスがきれいな隊列を組んでいる。

残り21.1キロ、逃げ2名が集団に吸収。

残り25キロ、タイム差37秒。いよいよ集団が近づいてきた。ジェレミー・ハント(SKY)が集団をひいている。

残り30キロ、先頭2名と集団とのタイム差1分。

残り32キロ、集団のペースが下がったところで別府が左側から前方に上がっていく。

カヴ、メット交換しルウルンで集団に戻っていった。

残り35キロ、1分6秒。

残り35.9キロ、カヴ集団後方に下がる。チームカーに戻った。

集団はカヴが集団から先頭で中間スプリントポイントを通過。もしや、カヴ帰らない?

【S】残り38.3キロ、争う気配もなく先頭2名が中間スプリントポイントを通過。ケイゼル、ファイッリの順。

残り40キロ、フランチェスコ・ファイッリ(FAR)とマルティン・ケイゼル(VCD)が逃げている。タイム差1分7秒に。

カヴ、頭がかゆいのかメット、サングラスを外して掻いている。

残り45キロ、タイム差一気に縮まり1分52秒。

残り50キロ、タイム差2分48秒。

残り51.4キロ、集団の先頭にFDJが前に再び戻った。

残り52.4キロ、集団はスカイが先頭に出てきてFDJが二番手に下がった。

残り60キロ、先頭はファイッリ(FAR)とケイゼル(VCD)が逃げている。タイム差3分37秒。

残り70キロ、タイム差4分27秒。集団はFDJがコントロール。

残り76.2キロ、バッソ、顔をみるとホント絞れている。渋いいい男。明日からバッソが大活躍か。

残り77キロ、ケイゼル(VCD)のチェーンがチェーンがばらけている映像が入る。バイクを交換した様子がないので、アウターにしてペダルを回して無理矢理チェーンを入れたのか?

残り80キロ、フランチェスコ・ファイッリ(FAR)とマルティン・ケイゼル(VCD)が逃げている。タイム差5分20秒。

短パンタイム突入。明日からがジロが始まる、と言われている。選手もチーム関係者はまったりした空気感が流れている。カヴの活躍が気になる。

残り84キロ、集団からミカル・ゴラス(OPQ)が飛び出し、山岳3位で通過。

【4】残り89.2キロ、4級山岳をファイッリ(FAR)、ケイゼル(VCD)の順で争わずに通過。タイム差5分9秒。

残り90キロ、4分58秒差。4級山岳への上りに先頭2名は突入。

残り94.1キロ、集団前方でレト・ホレンシュタイン(APP)が単独落車。動くことが出来ない。ストレッチャーが用意された。ほかの選手はギリギリよけきることが出来た。

マリアローザのホアキン、リーダージャージを着るデメリット「ドーピングコントロールが大変」「表彰式後の会見が面倒」

残り100キロ、先頭2名と集団とのタイム差3分37秒、集団はスカイが中心となってコントロール。

ケイゼル(VCD)の左腕には「愛強い」というタトゥが入っている。

スタート直後に逃げが決まり。先頭はフランチェスコ・ファイッリ(FAR)とマルティン・ケイゼル(VCD)が逃げている。
73.フランチェスコ・ファイッリ(FAR)
217.マルテイン・ケイゼル(VCD)

トマス・マルティンスキー(VCD)がスタートを切らずリタイアとなった。

第13ステージ(サヴォーナ~チェルヴェレ 121キロ)残り90.3キロの4級峠を終えると細かい起伏が続く。ラスト6.2キロにカーブがあり、以後は目立った障害物がないのでスプリンターが大活躍するか。14ステージ以降は難関山岳突入なので今ステージ以外活躍の場はないか。

残り90.3キロ 4級峠モンテゼロモロ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。