So-net無料ブログ作成

アマドール、山頂ゴールスプリント逃げ切る ヘシェダル総合首位に返り咲き Giro14S [Giro2012]

【Giro】第14ステージ(ケラスコ~チェルヴィニア 206キロ)は、アンドレイ・アマドール(MOV)がチェルヴィニア山頂のゴールスプリントで逃げ切りステージ優勝を飾った。
ライダー・ヘシェダル(GRM)は、最後の山岳で集団から一歩飛び出しステージ4位、ホアキン・ロドリゲスから9秒のタイム差を奪いマリアローザに返り咲いた。
別府文之(OGE)は32分4秒遅れの6時間5分40秒、105位でゴールした。
ホアキン・ロドリゲス(KAT)が総合首位を維持した。2位ライダー・ヘシェダル、3位サンディ・カザールとなった。
マリア・ロッソ・パッショーネ(ポイント賞)はマーク・カヴェンディッシュ(SKY)、マリア・アッズーラ(山岳賞)はミカル・ゴラス(OPQ)、マリア・ビアンカ(新人賞)はリゴベルト・ウラン(SKY)が獲得した。

《総合順位》
1. ヘシェダル (GRM) 5:33:36
2. ロドリゲス(KAT) +9秒
3. ティラロンゴ (AST) +41秒
4. カザール (FDJ) +1分05秒
5. バッソ (LIQ) +1分06秒

《第14ステージ順位》
1. アマドール (MOV) 5:33:36
2. バルタ(APP) 0
3. デマルキ (AND)+2
4. ヘシェダル (GRM)+20
5. ティラロンゴ (AST)+46

【Giro14S見所】206キロに1級山岳2カ所の山岳ステージ。8人逃げるもバルタ64.8キロ飛び出す。集団からルハノ、クネゴ46.5キロ逃げる。クネゴ置いてかれるも下りで追い抜く。アマドール下りで先頭バルタに追いつく。28キロから山頂Gへ向かっていく中で悲喜こもごもが…。

別府文之は32分4秒遅れの6時間5分40秒、105位でゴールした。

ライダー・ヘシェダル(GRM)、第8ステージ以来のマリアローザに返り咲く。ポディウムでのシャンパンファイトが豪快過ぎる。

アンドレイ・アマドール(MOV)、フィニッシュライン手前のスプリントの表情は怖かったが、ポディウムでは笑顔。

ヘシェダル、マリアローザ獲得。

【G】100メートル手前でアタック合戦するも最後にアマドール逃げ切り。バルタ、星人になれず2位。デマルキ誕生日アタック諦め3位。飛び出すもヘシェダル追いつかず4位。

残り1キロ、先頭3名が逃げ切りか?

先頭3名、ヘシェダル、次にマリアローザ、スカルポーニ、ポッツォヴィーぼなど。

残り2キロ、ホアキン、スカルポーニらに吸収。

残り2.4キロ、マリアローザのホアキンがアタック。

残り2.8キロ、ヘシェダル、ミンゲスを置いていく。

ポッツォヴィーボを置いてミンゲス(EUS)が飛び出し、ヘシェダルが追いつく。

残り3.3キロ、集団からポッツォビーボがアタック。ミンゲスも飛び出し2人でいくのか。

残り3.6キロ、デマルキが先頭3名からアタックかけるも吸収。タイム差1分24秒。

残り3.8キロ、シュミットが後ろに下がりバッソが先頭で集団をひいている。

残り4.6キロ、集団からルハノが飛び出すも100メートル先で吸収。

残り5キロ、アマドール、バルタに顎で先に行けと合図。集団とのタイム差3分27秒。

残り6キロ、シュミットがひく集団にデネグリらが吸収される。

集団内のクネゴの表情が厳しい。先ほどの飛び出しが効いているのか。

残り6.9キロ、バルタが先頭に追いつき逃げ3名に。タイム差4分47秒。

バルタ、チェーンリングを見て下を向いてしまっている。辛そうだ。

残り10キロ、6分23秒。デマルキ、アマドール二人ともペースが落ちてきたか。

残り11.3キロ、誕生日のデマルキ、先頭のアマドールに追いつく。集団とのタイム差6分43秒。

残り13.5キロ、先頭アマドールと集団とのタイム差7分20秒。

残り14.5キロ、クネゴ、オリヴェイラ、集団に吸収。

残り15.7キロ、クネゴグループからチュルーカ飛び出す。デネグリ、モンタグーティを追う。アマドール>>バルタ>>デマルキ、デネグリ>>チュルーカ>>クネゴ、ブルセギン、オリヴェイラ、マース、カイセン>>集団。

残り16.2キロ、第2追走オリヴェイラ、マース、カイセンの3名にクネゴ、チュルーカ、ブルセギンが追いつく。

デマルキ、26歳の誕生日ですか。

残り18.6キロ、チュルーカ、ブルセギン、クネゴに追いつく。

残り19.4キロ、飛び出していたルハノ、集団に吸収される。チュルーカ、ブルセギンがクネゴを追っている。

残り20キロ、先頭アマドール、追走バルタ、デマルキ、デネグリ、モンタグーティの4名、第2追走オリヴェイラ、マース、カイセンの3名、単独でクネゴ、単独でルハノとなっている。チュルーカ、ブルセギンがいて集団となっている。

残り22.6キロ、クネゴ、ジャケットをチームカーに渡し、ボトルをもらい受ける。

アマドール先頭、追走4名バルタ、デマルキ、デネグリ、モンタグーティとなっている。先頭と追走のタイム差30秒。

残り24.7キロ、28キロにあったスプリントポイントをクネゴが通過。

300キロワットを出せるようになるには浅田監督「難しいですね〜」。アッサリ過ぎて笑えた。一般人へ希望を持たせない言い方、素晴らしい。

残り25.4キロ、クネゴが30キロ地点を通過。

残り26.8キロ、アマドールにチームカー来た。ボトル渡される。

【S】残り28キロ スプリントポイント、シャティロンに入り、いよいよ1級山岳チェルヴィニアへ向かって上りがスタート。アマドールが先頭。
1.アマドール(MOV)
2.モンタグーティ(ALM)
3.デネグリ(FAR)

アマドール、何度もチームカーを呼ぶがチームカー来ず。

残り30キロ、アマドール(MOV)先頭。モンタグーティ、デネグリ、デマルキの順。

クネゴはふわ〜ん、とキレイにアウトインアウトで下っているけど、アマドールは途中で急にハンドル切るので怖いな〜。

残り35キロ、アマドール(MOV)先頭。下りを快調に飛ばしていく。残り28キロ地点のシャティロンまで行くと、いよいよ1級山岳フィニッシュへの上りに突入。

残り37.4キロ、上りで遅れたクネゴ(LAM)、ルハノ(AND)に追い抜く。

残り38.8キロ、ルハノ、1級山岳コル・ド・ジューを9番手で通過。

残り40キロ、アマドール(MOV)、先頭のバルタ(APP)に下りで追いつく。

クネゴ(LAM)、ルハノ(AND)に置いていかれる。クネゴ調子が悪いのか、ルハノのペースが速いのか。

【1】残り46.1ロ 1級山岳コル・ド・ジューをバルタ(APP)が先頭で通過。タイム差9分27秒。
1.バルタ(APP)
2.デマルキ(AND)
3.アマドール(MOV)
4.デネグリ(FAR)
5.モンタグーティ(ALM)

ルハノ(AND)の飛び出しにクネゴ(LAM)が追いかける。


残り46.9キロ、集団からルハノがアタック(AND)。

残り50キロ、パンツマン登場。ラボッティーニがパンクし、パンツマンにバイクを持ってもらう。

残り55キロ、先頭バルタ(APP)、追走デネグリ(FAR)、デマルキ(AND)、アマドール(MOV)、モンタグーティ(ALM)で16秒遅れ、マース(OPQ)、カイセン(LTB)、オリヴェイラ(RNT)とは1分16秒遅れ、集団とは10分34秒。

集団はリクイガスとカチューシャが引いている。レインジャケットを着た選手がほとんど。先頭8名からバルタ(APP)が飛び出した。

残り65キロ、先頭はコル・デ・ジュ(1640m)への上りに突入。集団とのタイム差13分。

逃げは8名。アマドール(MOV)、モンタグーティ(ALM)、デマルキ(AND)、デネグリ(FAR)、カイセン(LTB)、マース(OPQ)、オリヴェイラ(RNT)、バルタ(APP)。

レンショー(RAB)、アエド(SAX)、ゴス(OGE)、ランカスター(OGE)がスタートしなかった。

第14ステージ(ケラスコ~チェルヴィニア 206キロ)137.5キロまではほぼフラット。そこから159.9キロの1級山岳コル・ド・ジュー山頂まで上ったあと再び下り178キロから再び上り1級山岳チェルヴィニア山でフィニッシュとなる。

ゴール 1級山岳チェルヴィニア山
残り28キロキロ シャティロン
残り46.1ロ 1級山岳コル・ド・ジュー
残り68.5キロ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。