So-net無料ブログ作成
検索選択

ミラー、個人TTでトップタイム叩き出す コンタドール3年ぶり2度目の王者に Giro21S [Giro2011]

【Giro】ジロ・デ・イタリア2011は、アルベルト・コンタドール(サクソバンク)が3年ぶり2度目のマリア・ローザ(総合)を獲得した。山岳ステージでトップでゴールかと思いきや他の選手に勝利を譲る場面もあった。マリア・ロッソ・パッショーネ(ポイント賞)もコンタドールが獲得した。
マリア・ヴェルデ(山岳賞)はステファノ・ガルゼッリ(アクア・ア・サポーネ)、マリア・ビアンカ(新人賞)はロマン・クロイツィゲルが獲得した。
日本の別府史之(レディオシャック)はトップから2時間25分6秒遅れの67位となった。



【Giro】第21ステージ(ミラノ 26km 個人タイムトライアル)は、ディビット・ミラー(ガーミン・サーヴェロ)がトップタイム叩きだしステージ優勝。アレックス・ラスムッセン(HTC)は、ゴール目前でパンクし、そのままでゴール。ミラーと7秒遅れの2位となった。アルベルト・コンタドール(サクソバンク)は、第1計測ポイントでミラーのタイムを1秒上回るも第2計測でタイムを落とし、ゴール手前1kmからはガッツポーズで沿道の声援に応えながらも3位となった。別府史之(レディオシャック)は32分56秒の35位だった。

ジロって最終日のこのイベントっぽさが好きだな〜。観客と近い雰囲気がいい。もちろん内容も最高だけど。そしてこれは言っていいのかだけど、ストリーミングでしょw ツールはストリーミングが…。探すの大変。

シャンパンファイト、ちょっときょうはスカルポーニいじめをw

総合3位のニバリ、今年は決め手がなかった。でもバランスのいい成績。総合2位のスカルポーニ、いいですね〜。そして総合優勝のコンタドール。コンタドールの目の周りが大きく見える。こうするとコンタドール格好いい。普段は猿だけど…。

コンタドール、2度目のマリアローザ。ヘリに向かってバキューン!コンタドールのシャンパンの振り方ってオシッコしている子供のよう、と思ってしまうんだけど…。

ミラー、ポディウムの上だと輝かないな。てか優しい顔。ミラーはバイクに乗ってナンボなのね。頭からシャンパン被ったのは今ジロ初。

ジロ2011の3週間、ジロ事態が記憶に残るレースだったな〜。TTTでHTCのトップから始まり、ペタッキとカヴの争い、ルハノの山岳ステージでの活躍、コンタドールの2度の山岳ステージ優勝&途中でほかの選手に譲ったり、と。コンタドールの強さが光った3週間だった。

ジロ・デ・イタリア第21ステージは、ディビット・ミラーが個人タイムトライアルでトップタイム叩きだしステージ優勝。ミラーに迫ったラスムッセン、最後にパンクが無ければどうだったか。忘れちゃいけないのがコンタドール、気持ちよく走りすぎですw 真面目に走ればステージ優勝も…。

てか、コンタドールがこんなに喜んでいるのって見たことないかも。

コンタドール、バキューンやった〜!30分49秒。期待のバキューン、きた〜!ジロ・デ・イタリア総合優勝確定。

コンタドール、真面目に走っていればトップだったのに、途中ガッツポーズしてね〜。

スカルポーニ、31分41秒でフィニッシュ。ニバリと10秒差。スカルポーニ2位で決定。

スカルポーニって叫ぶと、ついマスカルポーネチーズをイメージしちゃう。ティラミス食べてないな〜。

ニバリ、31分31秒でフィニッシュ。スカルポーニとのタイム差は??

ガドレ、33分4秒。暫定68位で。

ホアキン、32分27秒でフィニッシュ。

ルハノ32分38秒でゴール。順位落としたか。

コンタドール、21分1秒で暫定3位ですか。でも、コンタドールならきっと…w

スカルポーニ、21分41秒で第2計測ポイント通過。ニバリと11秒差。ニバリ3位はほぼ確定?

メンショフ32分16秒でゴール。う〜ん、タイム落としてどうなのよ〜。

コンタドール発電所とカンチェラーラ発電所があったら、おそらくコンタドール、真面目に仕事しないだろうな〜。きっと途中で電力が足らな〜いって言われるまで仕事しないだろうね〜。

コンタドールとカンチェラーラの2人で自転車発電所作って日本の不足電力発電してくれ!

ニバリ、ちょっと遅れたか。ダンシングしちゃってる。

ミラーを上回るタイムでコンタドールが10分20秒で通過。1秒上回った。「なんでも欲しがるコンタちゃん」byサッシャ

スカルポーニ、10分44秒で第1計測を通過。

ニバリは全身を使って走っていてスカルポーニはお尻で走っている。二人の映像をみると走り方がちがうね〜。

ニバリ10分34秒で第1計測を通過。スカルポーニはどうか?

ニバリvsスカルポーニ、ちょっと面白い闘いだ〜!

ルハノ、第1計測で総合順位落としそう?

いよいよコンタドール、バイクのサドルに東日本大震災の被災者向けメッセージが書いてあるとか…。総合優勝に向けてのスタート!

総合2位のスカルポーニがスタート。常にいい位置につけていたんだよね〜。

総合3位のニバリがスタート。精彩を欠いたニバリ、TTで挽回出来るか?

フミ、全日本選手権に出場。ツール出場は今のところスケジュールに入っていない、とのこと。

フミの話を聞いていると、ほかの選手の映像に集中できませ〜んw うれしい悲鳴ですが。

8時間のレースで「道は続くんだけど、上りはいつか終わるんだな」フミ談

ルハノがスタート。今年はルハノの年だな〜。

うぉ〜、別府史之選手の電話インタビュー!ジロ完走後のだぞぉ。

ジロを楽しむには選手達はどこかにピンクをいれるんですね〜。

メンショフ、スタート。あ〜、でも今年はルハノの活躍ばかりでほかの選手をあまり覚えてないw

いよいよニエベがスタート。これから2分間隔。今までは1分間隔でスタートだった。

あら、もうトップ10のスタートまで来たのか。今年のジロも残すとこと後10人で終わる。

RaboCyclingアプリ、全然きょうは使えない。フィニッシュライダーの結果が…。フミいないのにディルーカは54位で表示されている。イタリア気質ですからね〜w

フミ、32分16秒、暫定20位でゴールですか。素晴らしい!

ガルゼッリのメット凄いんだけど、なぜかサングラスせずって。

グストフ、グローブとシューズがピンクってのもお洒落だな〜。

カペッキの後ろにぴったりついていたシェレル、審判からのチェック入ったかw

お〜い、カペッキとシェレル,完全にドラフティングじゃね〜かw あとで審判にペナルティもらうかな。

ヴィスコンティもアメコミ顔だね〜。

フミのスタート映像きた〜!

お、ディルーカがスタート。後ろに控えるのはフミ。

ミラー、30分13秒で暫定トップ。ラスムッセンに7秒上回る。

MTBのダウンヒルとかのように最速タイムを出すと王者の椅子的な場所で撮影されるんでしたっけ、ジロって?

セルヴァッジら三人がゴール手前で団子って。

コノヴァロヴァスってお尻がはねすぎてないかな〜。

Oリングのチェーンリングってチェーンの負担ってどうなんでしょ、普通のものに比べて。

コンタドールと一緒にヘリ乗った中野マッサー、ツィキャスしてもらいたかったw

TTスペシャリスト、ミラーがスタート。

ちなみに、GazzettaとJspoは映像に遅延がほとんどないっす。Raiは数秒以上遅延しておりますよ〜。

なんだかんだで今年のジロはルハノファンが一気に増えたような気が。

ジロ・デ・イタリア第21ステージ(最終日)、ストリーミングで楽しみたい方はGazzettaTV→ http://bit.ly/aX1FVe か RaiSport→ http://bit.ly/jKGEnJ で。きょうは個人TTなので、TTバイクの走りを研究したい方にはオススメ!

「ジロがおもしろい5つのわけ」をJスポでやっているけど、今みるとジロの面白味が凄くわかる。実はきょう始めてちゃんとみたw
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

キリエンカ、天のチームメート・トンドへ捧げるステージV Giro20S [Giro2011]

【Giro】第20ステージ(ヴェルバニア〜セストリエーレ 242km)は、ヴァシル・キリエンカ(モヴィスター)が205kmを淡々と逃げ続け、不幸な死を迎えたチームメイト・トンドへ勝利を捧げた。
残り220km地点で13名がアタックを決め、43km地点まで逃げ集団として一緒に行動していたが、キリエンカの飛び出しで均衡が破られた。キリエンカは淡々と1級山岳フィニストレ峠まで逃げ続け先頭で山頂通過をした。
メイン集団ではルハノが何度もアタックをしかけるが、総合上位陣が残っているのでなかなか逃がして貰えず。何度目かのアタックでメイン集団から一歩飛び出す。メイン集団にいたニバリはフィニストレ峠の山頂目前で遅れるも下りですぐさま挽回し、メイン集団に追いつく。
2級山岳セストリエールへの上りに入りキリエンカは徐々にタイム差を広げていく。ルハノは途中ベタンクールと一緒になるも、タイム差の広がりに危機感を持ち単独でキリエンカを追う。メイン集団からはホアキン・ロドリゲスがアタックし、前にいたベタンクールを吸収し追い越していった。
ルハノの追走むなしく、キリエンカが逃げ切り、第20ステージを手中に収めた。
アルベルト・コンタドール(サクソバンク)は8位でゴールし総合優勝に王手をかけた。別府史之(レディオシャック)は先頭から32分50秒遅れの88位でゴールした。

【ジロ20S見所】190km平坦を走り、1級の上りに未舗装区間、2級山岳ゴール。13名逃げ、43km上りでキリエンカ飛び出す。集団から何度もルハノ飛び出し37km逃げ決まる。ニバリ集団から遅れる場面も下りで挽回。2級山岳上りキリエンカ単独、ルハノが追うが…。

コンタドール、いつバキューン?明日見られるのかな〜。

キリエンカ、ポディウムで天へ再び指さした。

2008年第19ステージ以来のジロ2勝目ですか、キリエンカ。おめでとう。

総合はコンタドール、スカルポーニ、ニバリ、ガドレの順。

ルハノ、逃げ切り2位。ホアキン、ルハノにあと一歩追いつかず3位。ベタンクール4位。

ニバリ、コンタドールらから離される。

集団はニバリがアタックするもコンタドールがすぐさまチェック

ガドレ、メンショフに追いつく。

【G】ヴァシル・キリエンカ、天を指さし第20ステージを勝利。

ガドレがメイン集団からアタック。決まったか。

残り1km、いよいよジロ最後の山岳。キリエンカ先頭。追走ルハノ、第2追走ホアキン&ベタンクール、メイン集団となっている。1kmのゲートを超え、チームカーの監督と握手するキリエンカ。

ホアキン、前にいたベタンクールを吸収。

残り2km、キリエンカ先頭。ルハノと先頭とのタイム差5分24秒。ホアキンと先頭とは5分55秒。

残り3kmをキリエンカが先頭で通過。

ルハノ、ベタンクールを再び上りで置いていく。

ルハノ、淡々とバイクを左右に振ってダンシング。

メンショフ、メイン集団に吸収。コンタドール、最後尾で動きを観察。

メイン集団からメンショフ飛び出す。

残り5km、先頭キリエンカ、追走ルハノ&ベタンクール5分16秒、第2追走ホアキン、メイン集団6分11秒。

メイン集団も10km地点を通過。先頭と6分22秒差

メイン集団はペースダウン。牽制とアタックが繰り返される。ホアキン前に出たか?

10km地点をルハノ、ベタンクールが通過。先頭キリエンカとは4分56秒差。

メイン集団からホアキンがアタック。メンショフ、ガドレがついて行くも吸収。

メイン集団は8人に。コンタドール、スカルポーニ、ニバリ、ガドレ、クロイツゲル、ホアキン、メンショフ、クルイシュビック

クロイツゲル、メイン集団にやっと追いつく。

メイン集団も15km地点を通過。先頭キリエンカとは5分40秒差。

映像が途切れたから、今までのハイライトで「きょうのルハノ」ww

残り15km地点をルハノ、ベタンクールも通過。先頭キリエンカとは4分27秒差。

残り15km、キリエンカ先頭、追走とは4分24秒。メイン集団とは5分36秒差。

ベタンクールとルハノの下りを後ろからみると、ルハノ下りを怖がってるね〜。

ベタンクール、先ほど遅れをとっていたが、下りでルハノに追いつく。

両サイドがグリーンできれいすぎる。

ニバリ、メイン集団に追いつく。

残り20km、先頭キリエンカ、追走ルハノとのタイム差4分4秒。メイン集団とは5分24秒。

フィニストレ峠の山頂を通過し、16.4kmまで下り、再び2級山岳セストリエールゴールへ向けて上っていく。

遅れたニバリも山頂通過。下りで追いつくか。

メイン集団がフィニストレ峠を通過。先頭とは5分20秒。

ルハノ、単独でフィニストレ峠を2番手で通過。先頭キリエンカとのタイム差3分45秒。

メイン集団からニバリ遅れる。ダンシングしようとしたが出来ず。

【1】残り27.5km、キリエンカ、1級山岳フィニストレ峠を先頭で通過。

メイン集団からホアキンがアタック。

ルハノ、ベタンクール置いていく。

沿道に人が凄い。

先頭キリエンカとルハノ&ベタンクールとのタイム差3分31秒。

ルハノ、快調。ベタンクールと一緒に走行。

アドベン富士見みたいなコースだな、きょうの山岳。

残り30km、キリエンカ先頭で通過。

ルハノ、逃げていたベタンクールを追い抜く。

逃げていたポポヴィッチ、メイン集団に吸収。

残り30.6km、残り3kmで1級山岳コッレ・デッレ・フィニストレの山頂。

ん?雪ですか、沿道には。

未舗装区間は砂埃が舞い上がっている。ガレた雰囲気はない模様。

残り33.1km、逃げにいたサレルノが遅れ、メイン集団に合流。リクイガスはシュミット、ニバリ、サレルノの3名に。

先頭キリエンカとメイン集団とのタイム差4分40秒。

残り34.2km、ルハノ、未舗装区間突入。

先頭のキリエンカ、未舗装区間に突入。がれた感じはまだない。

残り37.2km、メインから飛び出したルハノ、ダンシングで進んでいる。

メイン集団はリクイガスのシュミットが先頭をひく。ニバリのために仕事をしている。後ろにはコンタドール、スカルポーニ、ルハノ、ガルゼッリ、サストレなどがついている。

残り39.7km、メイン集団から再びルハノが飛び出す。何度目のルハノのアタックか。

残り40km、キリエンカ先頭。メイン集団とは3分55秒差。キリエンカ、快調。

集団はリクイガスがコントロール。ニバリはどうなる?

逃げ13名からキリエンカ飛び出す。

残り42.3km、集団から再びルハノがアタック。差を少し広げた。先頭とのタイム差4分30秒。

メイン集団にいるガルゼッリが遅れた。

山頂ポイント、人が凄いや〜。

残り44.1km、集団からルハノがアタックするもピラッチに追い抜かれた。

残り45km、先頭13名は上りに突入。メイン集団とは5分57秒差。

逃げは13名。キリエンカ、ヴォルガノフ、ウリッシ、シールドライエルス、サレルノ、ラング、ポポヴィッチ、ビシオソ、ベタンクール、ジュフレ、マッツァンティ、ヴェウケレン、ミンゲス。残り45km、メイン集団とは6分20秒差。

残り48km、1級山岳コッレ・デッレ・フィニストレへ向かって進んでいる。13名の逃げとメイン集団とのタイム差7分。

残り205km地点で集団からアタックし、13名の逃げが決まる。
http://www.jsports.co.jp/cycle/giro2011/stage/stage_20.html
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ティラロンゴ、アシスト専門のベテランがジロ初勝利 Giro19S [Giro2011]

【Giro】第19ステージ(ベルガモ〜マクニャーガ 209km)は、パオロ・ティラロンゴ(アスタナ)が逃げを決め、最後300mで追い抜かれるも、コンタドールにゴール目前で譲られジロに初勝利した。
ゴール地点である3級山岳マクニャーガ山頂への上りに入り、6.7km地点でティラロンゴの逃げが決まるが、1.5kmでコンタドールが集団からアタックし300mでコンタドール先頭になるも、ゴール前でコンタドールが前を譲り、アシスト専門のベテラン34歳がプロツールで初勝利をおさめた。
アルベルト・コンタドール(サクソバンク)は2位でゴールし、総合首位を守った。日本の別府史之(レディオシャック)は3級山岳の上りに入り最後8.6km地点で集団から遅れるも39位でゴールした。

【ジロ19S見所】55.5km1級で4名が逃げ下りで6名に。平坦路で途中雨脚が強くなり映像が途切れることも。上りでディルーカ集団を引き、逃げ吸収。ディルーカ先頭のままかと思いきや6.7kmでティラロンゴの逃げ決まるが、1.5kmでコンタが飛び出すシーンも。

総合はコンタドール、スカルポーニ、ニバリ、ガドレ、シフトソフの順。

パオロ・ティラロンゴ(アスタナ)が6.7kmで逃げを決め、最後の300mでコンタドールに追い抜かれるも、ゴールで抜き返しジロに初勝利した。

【G】ティラロンゴ先頭フィニッシュ。ニバリにはいかせないコンタドール。

残り300mでコンタドール先頭に。ティラロンゴ後ろにつく。

コンタドール、きた〜。

残り1km、コンタドール、前に出ていたガドレ、ホアキンを抜いていった。

残り1.5km、コンタドールが集団からアタック。ニバリ、スカルポーニもついてきた。

残り2.1km、ティラロンゴ先頭、ホアキンが追走。

残り2.5km、集団からデュポンがアタック。

残り3km、22秒差。ティラロンゴ先頭。集団はサクソバンクがひいてる。

集団はサクソバンクがひいている。逃げを容認か。

残り4km、ティラロンゴ先頭。集団とは12秒。ルハノ、集団から遅れた。

残り5km、ティラロンゴ先頭。

残り5.5km、ティラロンゴが再び前に出る。ディルーカ追ってこない。

残り6.2km、ティラロンゴがディルーカに潰されメイン集団に吸収。

残り6.7km、ティラロンゴがアタック。ディルーカが追っている。

残り7.8km、ディルーカ先頭、カチューシャのアシストが消えた。

残り8.6km、フミ、集団から遅れた。

残り9km、ディルーカが集団を引いている。カチューシャ、サクソバンクが集団前方をキープ。

すっかり路面が乾いている。

残り10.1km、集団からガルゼッリがペースダウン。

残り12.6km、陽が出てきた。

残り13.5kmでピノー、ラボッティーニがディルーカ率いる集団に吸収。

ピノーがラボッティーニに肩をたたいた。

残り15km、タイム差20秒切った。メイン集団はディルーカがひいている。

ピノーは前しか見ないがラボッティーニは後ろが気になって仕方がない

ラボッティーニ、後ろを振り返る。集団とのタイム差24秒。

ピノー、ラボッティーニら先頭2名と集団とのタイム差25秒。カメラに水滴がついていて厳しい。

ガルゼッリらは集団に吸収。

残り20km、ピノッティとラボッティーニが先頭。メイン集団とのタイム差40秒。

残り23.3km、先頭はピノーとラボッティーニに。映像が切れていた間にチョップ、シェレル、ガルゼッリが遅れた。

レース映像が途切れてしまったのか。ゴール地点のマクニャーガ、雨が落ちてきていた。

残り25.8km、メイン集団をディルーカが先頭でひいている。

残り26.6km、映像が来ていない間に、逃げ6名からバクが遅れ、先頭は5名に。

麓では雨が降っていたが、ゴール地点のマクニャーガは現在晴れている。そろそろメンバーは上りに入る。

残り30kmを先頭6名が通過。タイム差1分35秒。メイン集団はカチューシャがコントロール

残り31.8km、集団の中でコンタドールが後ろから押してもらっていたけど。

クライグ・ルイスが落車。タンカに乗せられ救急車で運ばれていった。

残り37km、タイム差2分4秒。雨脚が先ほどよりも落ち着いてきた。

メイン集団も44km地点のスプリントポイントを通過。タイム差2分29秒。更に縮まる。

【S】残り44km、オルナバッソのスプリントポイントをバク、チョップ、ガルゼッリの順で通過。争わないだなんて。

映像が届かない、というアクシデントが起こらないといいのだけれど。

残り46km、逃げ6名と集団とのタイム差3分34秒。1分ほどタイム差が縮まってきた。雨の影響でか。

残り50km、先頭6名と集団とのタイム差4分11秒。雨が激しく降ってきた。

44km地点のスプリントポイントを終えると、きょうは山頂ゴール。3級マクニャーガの山頂への上りは残り30km地点から。

緩やかな下り基調が続くが44km地点にスプリントポイントがある。残り56km、先頭6名とメイン集団とのタイム差3分23秒。タイム差開いた。

残り62.3km、下りで逃げていた4名にチョップ、セレルが追いつき先頭は6名に。メイン集団とのタイム差1分10秒。

ガルゼッリが逃げの3名に追いつき、先頭はガルゼッリ、ピノー、ラボッティーニ、バクの4名に。残り72km、メイン集団とは1分9秒。

【1】1級山岳を先頭2名、遅れたバクが通過。下りに入り、バクが先頭2名に追いついた。

1級山岳の上りでピノー、ラボッティニー、バクが逃げていたが、残り76kmでバクが遅れた。

http://www.jsports.co.jp/cycle/giro2011/stage/stage_19.html
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

カペッキ、チームへの献身的な活躍から開放され、歓喜のジロ初勝利 Giro18S [Giro2011]

【Giro】第18ステージ(モルベーニョ〜サンペッレグリーノ・テルメ 151km)は、エロス・カペッキ(リクイガス)がゴールスプリントで一歩飛び出し勝利した。56km地点で20名の逃げが決まり、2級山岳ガンダ峠への上りに入り、36.6kmで先頭はピノッティ、カペッキ、シールドライエルスの3名に絞られる。下りでも3名は離れることはなかった。残り5kmの平坦路に入るも250mまで牽制が続くも、均衡は崩れカペッキが飛び出し一歩前へ出て最初にゴールラインを切った。チームのために献身的な活躍をしてきたカペッキ、ゴール後、横になり喜びを表した。

【ジロ18S見所】151kmと短いステージ。平坦路を集団走行してきたが、56kmでスプリントPへのアタックで20名の逃げ決まる。43kmで先頭6 名に絞られ、2級ガンダ峠の上り直後の36.6kmで先頭は3名に。5kmで平坦路に入り牽制、250mでスプリント勝負に。

カペッキ、ジロ初優勝だったんだ。ニバリのために献身的に仕事をしてきたのか〜。明日以降はニバリのため、なのね。

カペッキ、ピノッティ、シールドライエルスの順。

【G】残り100m、カペッキが前に出てステージV決めた。

残り250m、一気にスピードを上げる。

残り500m、まだ飛び出さない。

沿道で、煙が上がっている場所も。

残り1kmをきった。

先頭3名はペースを落としたり急にペースを上げたり、横をみたり。駆け引きに入っている。

残り2km、先頭3名と追走2名とは1分38秒、メイン集団とは7分8秒。

カペッキ、シールドライエルスが話すシーンも。

残り3km、ピノッティが一歩でシールドライエルスが潰しにかかる。

残り5kmをきり、ピノッティ、カペッキ、シールドライエルスが先頭。平坦路に入った。

残り6km、ピノッティ、カペッキ、シールドライエルスの3名が逃げている。追走2名とは1分36秒差。メイン集団とは6分54秒。

残り10km、先頭3名と追走2名は1分35秒差。メイン集団とは6分36秒差。

メイン集団の走っている街中、ピンクだらけ。

ビスコンティら3名は集団に吸収。

残り12.5km、ティラロンゴがブランビッラに追いつく。先頭3名とは1分34秒。メイン集団とは6分31秒。

残り15km、先頭3名と追走14名とのタイム差1分31秒。

残り19km、先頭3名と追走ブランビッラは51秒、ヘルナンデス、カタルド、バークランツら14名の第2追走とは1分34秒、ビスコンティ、ビシオソ、ピノーら3名の第3追走とは4分11秒。

逃げ3名、ブランビッラ、ティラロンゴは13名に吸収去れ14名に、さらに追走がビスコンティ、ビシオソ、ピノーの3名に。

残り23.3km、集団からビスコンティ、ピノー、ビシオソが飛び出す。

残り25kmを先頭3名が通過。下り基調だが、途中アップダウンがあるコース設定。

ガンダ峠を上り終えたあとは、下り基調の道が続き、ラスト5km地点で平坦に。

【2】残り30.1km、2級山岳ガンダ峠を先頭ピノティ、カペッキ、シールドライエルスの順で通過。集団とは4分6秒。

先頭3名、追走ブランビッラ、第2追走ティラロンゴの順。タイム差21秒、1分7秒。

残り31.3km、ペンギンの着ぐるみがが先頭3名を応援。道幅が狭い。

残り32.1km、ん?水着?ビキニ?全部ピンクだったけどw

残り33km、タイム差4分10秒。先頭3名は淡々と上っている。ここまでのアベレージは46km。

残り33.6km、マリアローザを着たロバ登場。

残り34km、先頭3名は2級山岳ガンダ峠へ向かって上っている。30.1km地点が山頂。

遅れたティラロンゴ、力強い走りで先頭3名を追いかけている。

残り36.6km、ピノッティ、カペッキ、シールドライエルスの3名が逃げている。タイム差4分9秒。

2級山岳ガンダ峠への上りに入る。

残り43kmで先頭は6名に絞られる。

【S】残り56km、スプリントポイントへ向けてアタック、20名が逃げる。

平坦路を集団で走行中。
http://www.jsports.co.jp/cycle/giro2011/stage/stage_18.html
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ウリッシ、審議の末ステージV ヴィスコンティ、先行者押しのけで降格処分 Giro17S [Giro2011]

【Giro】第17ステージ(フェルトレ〜ティラーノ 230km)は、ディエゴ・ウリッシ(ランプレ)が審議の末ステージ優勝となった。先頭でゴールしたジョヴァンニ・ヴィスコンティ(ファルネーゼヴィーニ)は先行者のウリッシに手で押しどけたため降格処分で3位となった。

【ジロ17S見所】230kmで2級、スプリント、3級とあるも最後は7.2kmから始まる平坦路で決定。63.8km2級山岳を先頭14名通過。下り入 り、スプリントへ。3級山岳への上りに入り先頭ではアタック合戦、7.2kmから牽制続きゴールスプリントは神の手が…

ウリッシ、ポディウムでは冷静だなぁ。

【G】審議の結果、ウリッシ、ラストラス、ヴィスコンティに。ヴィスコンティは降格ですか。

【G?】ジロ17Sは、ジョヴァンニ・ヴィスコンティ(ファルネーゼヴィーニ・ネーリソットーリ)、ゴールスプリントでウリッシに手を出し疑惑のゴール。きょうのゴール、レンショーのヘッドバッドよりひどいんじゃないか?

ヴィスコンティがきょうのステージ優勝なのか?手を出してどうなの?

結果はわからず。

残り100m、ウリッシ前に出る。ビスコンティ後ろから手を出すw

残り1km、牽制。ウリッシが逃げるも牽制。

残り1.5km、ラストラスがアタック、ビスコンティおう。バークランツ、ウリッシが続く。

残り3km、シフトソフがアタックかけるも遅れ、先頭バークランツ、ヴィスコンティ、ラストラス、ウリッシの4名に。

残り3.6km、集団はポポヴィッチがひいている。

残り5km、先頭12名は牽制入ったか?タイム差3分10秒。

残り7km、集団のペースが上がった。先頭とのタイム差3分12秒。

残り10.2km、先頭12名と集団とのタイム差3分24秒。あと3km下ると平坦路になる。

3級山岳アプリカを集団も通過。タイム差3分34秒差。

残り17.2km、集団とのタイム差3分50秒。10km下りが続く。

アプリカを終えると下り、7.2km地点まで下って、残りは平坦路。

【3】ラストラス、ビスコンティ、シフトソフの順で3級山岳を通過。

残り19.5km、ラストラスがアタック、ビスコンティがついていく。

残り20km、アタック合戦が続いているが、3級山岳アプリカは18.5km地点。集団とは3分49秒。

残り23km、先頭はアタック合戦が続く。タイム差3分38秒。

残り25km、タイム差3分56秒。先頭12名。

ルメベルとガスタールが遅れ、先頭は12名に。シフトソフ、デュポンらのアタック合戦が始まって遅れた。

残り29km、デュポンがアタック、バークランツついていくも即座に吸収。

残り30km、先頭14名は何度もアタックが開始されるが吸収。集団とは3分45秒。

集団をひいていたジェオックスが上りで遅れ、再びリクイガスが集団をコントロール

残り31.8km、ビスコンティら吸収。タイム差3分51秒。

残り32.1km、先頭14名からビスコンティがアタック。

スプリントを終えると18.5km地点に3級山岳のアプリカへの上りに入る。

【S】残り33.7km、バークランツがスプリントポイントを先頭で通過。タイム差4分17秒。

残り35km、4分27秒差。

集団はジェオックスがコントロール。リクイガスと交代。

残り36.1km、先頭14名はダウンヒル走行中。集団とのタイム差が徐々に縮まってきている。あと2kmでスプリントポイント。

残り40km、タイム差5分5秒。リクイガスが集団コントロール。

残り44.1km、下り基調が続く。あと10kmでスプリントポイント。タイム差5分45秒。

残り50km、勢いよく先頭14名も集団も下っている。タイム差6分10秒。

残り53.3km、集団を撮影していた沿道にいたカメラマン、なぜかピンクのかぶり物w

63.8kmにある2級山岳パッソ・デルトナーレを集団が通過。先頭とのタイム差6分10秒差

残り60km、先頭14名は34.1km地点にあるスプリントポイントへ向かって下りに入った。

【2】残り63.8km、2級山岳パッソ・デルトナーレをガスタールが先頭で通過。アタックすることもなく先頭14名がきれいに一列に走行。

先頭14名のうちボルガノフがチームカーと作戦会議。

残り67km、6分20秒差。集団はリクイガスがコントロール。

残り68km、先頭14名と集団とのタイム差5分15秒。2級山岳まで5kmを切った。

逃げからエンゲルスも遅れ、先頭は14名に。

2級山岳を終えたあとは一気に下り、ゴールまで34.1km地点にスプリントポイントがある。スプリントを終えると18.5km地点に3級山岳のアプリカへ。アプリカを終えると下り、7.2km地点まで下って、残りは平坦路。3級山岳アプリカを終えた下りで勝負は決まるか

63.8km地点にある2級山岳パッソ・デルトナーレ標高1883mへ向かって上っている。

コンタドールのメカニックは前日の山岳ステージで観客に対してトラブルを起こし、メカニックをおろされたのか。

残り71km、逃げ15人、レメベル、デュポン、バークランツ、ヘルナンデス、ラストラス、ビスコンティ、マティアス・フランクなどが逃げている。集団とのタイム差6分20秒。

きょうは230km、2級、スプリント、3級、平坦ゴールですか。

http://www.jsports.co.jp/cycle/giro2011/stage/stage_17.html
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

コンタドール、亡き友トンドに山岳TT捧げる ホアキン、TTバイクで登場 Giro16S [Giro2011]

【Giro】第16ステージ(ベッルーノ〜ネヴェガル 12.7km)は、アルベルト・コンタドール(サクソバンク)が山岳TTを亡き友トンドに捧げる。前評判のガルゼッリを皮切りに上位陣の暫定トップ塗り替えが続くもコンタドールがしっかり。ホアキンTTバイクで登場もあり。

【ジロ16S見所】延々上りの山岳個人タイムトライアル。サモイラウが暫定トップを出すもピノッティ抜き返し。ステージ優勝有力のガルゼッリ暫定トップ に。以降上位陣がタイム更新を繰り替えす。途中、ホアキンTTバイクでスタートするも山岳に入るとバイク毎交換する場面も。

ガルゼッリ、山岳リーダーっすか?

コンタドール、ポディウムで彼の亡き友ザヴィエール・トンドに捧げ、空へ指さす。

コンタドール、今年はジロでマリアローザ確定するまでバキューンは封印?あるいはバキューンキャップを作っていたスポンサーが降りちゃったから?w

いったいルハノが表に出るのはいつなの?先日のステージのみ?

コンタドールにはモーター内蔵とは言われないの?

【G】アルベルト・コンタドール、28分55秒。異次元の速さだった。ステージ優勝でありマリアローザも。きょうのステージはニバリ、スカルポーニ、ルハノ、ガルゼッリの順。

スカルポーニ、29分33秒、暫定2位。4秒足らなかったか〜。

ニバリ、29分29秒、暫定トップ。ルハノから5秒上回る。スカルポーニとコンタドールを残すのみ〜。

ガドレ、30分22秒、44秒遅れでフィニッシュ。残りはニバリ、スカルポーニ、コンタドールのみ。

てか、観衆熱すぎる。

ニエベ、31分14秒、1分40秒遅れでフィニッシュ。

コンタ、相変わらずルハノ潰しちゃうの?

ルハノ、29分34秒、ガルゼッリから7秒差をつけて暫定トップ。今年はルハノの年か?

残り5km地点のピンクTシャツの人々、あれはグループ?

メンショフ、29分47秒、暫定3位でフィニッシュ。やはり上位陣は強いな。

コンタドールの上りはやはりひょっこひょっこで凄いな〜。

クロイツゲル、29分44秒で暫定2位。そんな調子良さげな感じじゃなかったよ〜な。スタートダッシュが効いた?

コンタドール、中間計測を7分57秒、暫定13位ですか。上りで爆発していただきましょ。

ホアキン、30分ジャスト。TTバイクの結果は…。十分面白かったよ、ホアキン。

スカルポーニ、暫定9位で中間計測を通過。

ニバリ、中間計測でトップタイムたたき出す。

ラストはコンタドール。最後のスタートなのでピンクの紙吹雪がスタート後散っていた。

スカルポーニ、なんか調子のいい走り方していそ。

ニバリがスタート。残りは2人。

ホアキンがバイク交換。TTバイクからノーマルにしたけど効果は?

ガルゼッリ、29分41秒で暫定トップ。ピノッティから12秒上回る。

ピノッティ、29分53秒で暫定トップ。マシャドとの抜きつ抜かれつでタイムアップ?

ホアキン、ディスクホイールで山岳TTスタート!途中でホイール交換?あるいはバイク交換?

シフトソフ、中間計測で2位通過。にしても身体がでかくみえるんだけど。

サストレ、ツール優勝してから冴えない。30分51秒ですか。

サモイラウ(モビスタ)が29分54秒で暫定トップなのか

http://www.jsports.co.jp/cycle/giro2011/stage/stage_16.html
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ニエベ、山岳3連戦最終日を先頭ゴール コンタドール、ニバリとの差を広げる Giro15S [Giro2011]

【Giro】第15ステージ(コネリアーノ〜ガルデッチャ/ヴァル・ディ・ファッサ 229km)は、ミケルニエベ・イトゥラルテ(エウスカルテル)が山岳3連戦最終日で上りの強さみせつける。229kmを7時間30分、2級1つ、1級3つ、超級「チーマ・コッピ」とバリエーションに飛んだステージを制したニエベ、おめでとう。コンタドールも総合をほぼ手中に収めたか。

【ジロ15S見所】今ジロ最高地点「チーマ・コッピ」の日。71.2km超級山岳の上りに入り、フーガーランド先頭通過狙うもガルゼッリにさらわれる。下りでニバリがメイン集団から飛び出すも上りでコンタから遅れる。6.2kmゴールへ向かう上りに入りステージVの行方が。

フミ、8時間7分13秒の138位でゴール。お疲れさま、フミ。

ニエベ、ステージ優勝でエウスカルテル2勝目ですか。ジロでは初のステージ優勝かぁ。

総合はコンタドール1位、スカルポーニ2位、ニバリ3位、ガドレ4位、アントン5位、ニエベ6位。

ガルゼッリ、2位でゴール。コンタドール、すぐ後ろで3位。スカルポーニ、一歩届かず4位。ガドレ5位、ルハノ6位。

【G】ミケルニエベ・イトゥラルテ(エウスカルテル)が山岳3連戦最終日を7時間30分で制す。ニエベ、力強かった〜。

ニエベ、ガルゼッリ、コンタドール、スカルポーニ、ガドレの順。

追走ガルゼッリが残り1kmのゲートを通過。タイム差1分。コンタドールと先頭とのタイム差4分。

残り1kmをニエベが先頭で通過。

残り1.5km、ニエベ先頭、追走ガルゼッリ、第2追走コンタドール。コンタドールはどこまで追いつくか?

残り2km、先頭ニエベ、追走ガルゼッリ。ニエベ→ガルゼッリは36秒差。

残り2.4km、コンタドール、軽快なダンシング見せる。

すでに総合とステージは別物扱いになってしまった。ツールの後半でもよくあることだけど、まさかジロでそうなるとは。コンタドールが強すぎるのか。

残り3km、コンタドール、ニバリとのタイム差20秒、一気に離れた。

残り3.6km、コンタドールがアタック。スカルポーニ引き離される。

残り4.3km、メイン集団からスカルポーニ前に出るもコンタドールぴったりついて行く。ニバリついていけない。

メイン集団はラボバンクが引いている。

残り5km、ニエベ先頭。メイン集団とのタイム差6分8秒。

先頭ニエベとグループ・マリアローザとのタイム差6分35秒。

残り5.7km、ニエベがアタック、ガルゼッリついていけない。

残り6.2km、ガルゼッリ先頭。ガルデッチャ山小屋へ向かう上りに入った。ニエベ、ガルゼッリに追いつく。

路面はウェットに。

残り8.6km、ガルゼッリ先頭、追走ニエベとのタイム差20秒。

残り9.6km、ホアキン・ロドリゲスがメイン集団からアタック。

残り15km地点をコンタドールらが通過。

ニバリ、グループ・マリアローザに追いつく。

ニバリ、下りに入り一気にペースアップ。

残り18.6km、メインとのタイム差6分33秒。ラスト6.2kmまで下りが続く。

残り20km、ガルゼッリ先頭、メイン集団とのタイム差6分11秒。

ニバリ、コンタドールから57秒遅れでフェダイア峠を通過。

残り25km、下りに突入のガルゼッリ。路面は乾いている。メイン集団とのタイム差6分41秒。

ニエベ、39秒差で通過。

【H】残り27.6km、ガウゼッリが1級山岳フェダイア峠を先頭で通過。グループ・コンタドールとのタイム差6分58秒。

残り28km、ガルゼッリ先頭。沿道の観客がヒートアップしすぎ。

ファダイア峠への上りに突入、徐々に雨が降ってきた。

残り29.2km、ガルゼッリとコンタドールのタイム差7分46秒。

ガルゼッリ、30km地点を通過。ニエベとのタイム差48秒。

残り30.6km、ニバリ、集団から遅れた。

ニバリ、コンタドールらのアタックに追いついていけない。

残り31.4km、メイン集団からコンタドールがアタック。クルイシュビック&ルハノが追いつく。

山頂からの映像、雨が凄い。

東京・桧原村にある神戸岩付近も空撮したらこんな感じなのかなぁ。

残り33km、ガルゼッリ先頭、メイン集団とのタイム差8分33秒。

残り33.5km、ニバリ、コンタドール含む集団と合流。アローヨが集団から飛び出す。

メイン集団とのタイム差8分53秒。

残り34km、ガルゼッリ先頭、ニエベ&バークランツ追走、セッラ&ディルーカ第2追走。先頭ガルゼッリ、崖の間を走っていく。

ニバリ、スプリントポイント通過し、コンタドールらとのタイム差25秒。

残り34.5km、岩山の間を走っていくガルゼッリ。

シールドライエルス遅れ、ディルーカとセッラが第2追走に。

残り36km、ガルゼッリ先頭、ニエベ&バークランツとのタイム差1分16秒。シールドライエルス&ディルーカとのタイム差2分5秒。

【S】残り38.6km、スプリントポイントの「ロッカ・ピエトレ」をガルゼッリが先頭で通過。

ニバリとコンタドールのタイム差26秒。

残り40km、ガルゼッリ先頭で通過。追走ニエベ、バークランツとのタイム差1分5秒。

残り40.2km、コンタドール、ニバリ追いかけるため踏んでいる。

残り43km、ガルゼッリ先頭、追走ニバリ、バークラントでタイム差44秒。

1級山岳フェダイア峠は残り27.6km地点、最大勾配18%。

残り38.6kmのスプリントポイント「ロッカ・ピエトレ」まで下りが続く。ニバリ、コンタドールらとどれだけのタイム差を下りでつけられるのか。

下り得意なニバリ、コンタドールらの前に出た。

9分40秒遅れでコンタドールらが通過。

残り50km、集団からコンタドールがルハノを引き連れて飛び出した。前に出ていたホアキンらに追いつく。ニバリ遅れた。

残り52.5km、集団はサクソバンク3人うちコンタドール、リクイガスはニバリのみ。

フーガーランド1分25秒差で3位通過。

44秒差でニエベ2位通過。

【H】残り57.2km、超級山岳「チーマ・コッピ」をガルゼッリが通過。沿道には雪が残っている。標高2236mだけあるか。

ホアキンが集団からアタック。サクソバンクがつぶしにかかろうとしている。

集団はリクイガス、サクソバンクがコントロール

残り58.5km、ニエベもフーガーランドに追いついた。先頭ガルゼッリ。

残り59.3km、ガルゼッリ先頭、フーガーランドついていけない。

ガルゼッリ、フーガーランドが前に見える。ニエベは数秒遅れた。

残り59.6km、悪魔おじさん登場。

残り60.2km、ガルゼッリとニエヴェが追走に。先頭とのタイム差35秒。

残り61km、フーガーランド先頭、バカンソレイルのチームカーからボトルをもらう。追走からはガルゼッリ、ニエヴェの順で飛び出している。

残り62km、フーガーランド先頭、追走と1分30秒差。57.2kmが山頂。フーガーランド、山岳ポイント獲得か?

残り65km、フーガーランド先頭、追走17名とのタイム差50秒、集団とは9分31秒。フーガーランドのペースが速い。

残り68.3km、フーガーランドと追走17名とのタイム差43秒。一気にタイム差広げた。先頭と集団とのタイム差9分36秒。

残り70km、フーガーランド先頭、集団とのタイム差10分。追走17名とは10秒差。

残り71.2km、フーガーランドが先頭18名の中からアタック。

超級山岳「チーマ・コッピ」は57.2km地点に。標高2236m、平均勾配8%最大勾配16%って…。

残り75km、タイム差10分25秒。遅れていたアラメンディアが戻り先頭18名に。集団はリクイガスがコントロール。

うぉ、サストレ、ニエヴェを忘れていた。大物が逃げている〜。

残り85km、17名が逃げている。タイム差8分30秒。逃げにはガルゼッリ、ピラッジ、ウェーニング、ディルーカ、ポポヴィッチ、フーガーランドなど。

http://www.jsports.co.jp/cycle/giro2011/stage/stage_15.html
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

アントン、錚々たるクライマーを押しのけゾンコランの上りを制す Giro14S [Giro2011]

【Giro】第14ステージ(リエンツ〜モンテ・ゾンコラン 210km)は、イゴール・アントンがゾンコラン制す。コンタドール、アタック繰り返すも間に合わず2位、ニバリ一歩及ばず3位。レース当日2度のコース変更で翻弄される選手も。

【ジロ14S見所】ゾンコランへの上り注目。クロスティス峠をやめテュアリス峠に変更もキャンセルで20km短縮。72kmカゾー、サコッシュ絡まりボトル転がる。45kmミステリーハンター登場。残り10kmからゾンコランへの上り突入、先頭はめまぐるしく交代し勝者は…

フミ、57位でゴール。

コンタドール、きょうは表情が辛そうな。ポディウムガールを下から撮影は…。

幼い表情のアントン、でも凄くうれしそう。

ゾンコラン、選手が続々とゴールしてくる時間になり雨が降ってくるハプニング。

【G】ジロ・デ・イタリア第14ステージは、イゴール・アントンがゾンコラン制す。コンタドール、アタック繰り返すも間に合わず2位、ニバリ一歩及ばず3位、途中メカトラがあり遅れたスカルポーニが4位、淡々と単独ペースで走ってきたメンショフ5位、ガドレ6位。

アントン先頭、コンタドールがペースダウン、ニバリ追いつく。

沿道、腕を組んで選手をガードw

トンネルが多い。アントン先頭、コンタドール追走。

ラスト1km、アントン先頭、コンタドールが発射、ニバリついていけない。

残り1.5km、アントン先頭、ニバリ・コンタドール追走。30秒以上差がついた。

先頭アントン、ダンシングでいった。コンタドールらとの距離がひらいた。

アントン、いいペースで淡々と上っている。人が多すぎ。

残り2km、先頭アントン、追走ニバリとコンタドール、さらにスカルポーニ、ステルスしているマイペース・メンショフの順。

残り3km、アントン先頭、ニバリ・コンタドールが追走、スカルポーニ粘り走。

ニバリ、コンタドールがやりとり。コンタドール前に出る。

メンショフ、虎視眈々と自分のペースで先頭を目指している。

残り3.6km、アントン先頭、後ろにニバリ、コンタドールが見えている。

残り4.3km、アントン先頭、追走スカルポーニ、コンタドール、ニバリに。後ろにメンショフもつけてきた。

残り4.4km、バイクがオーバーヒートw

先頭アントン、追走コンタドールとスカルポーニ。ニバリが追いかけている。

残り4.8km、アントンがタンキンクに追いついた。

タンキンク先頭、追走アントンになった。

残り5.5km、グループ・コンタドールからアントンがアタック、コンタドール、スカルポーニは一緒に走行。先頭とのタイム差52秒。

タンキンク先頭、ブランビッラ追走、ラボッティーニがいて、グループ・コンタドールがいる。

残り6km、ホアキン、コンタドール、アントンのパックに。

残り6.4km、先頭ブランビッラにタンキンクが追いついた。

残り6.5km、アントンにコンタドール追いつく。

コンタドールもアタック。

残り6.5km、アントンがニバリ、コンタドール、スカルポーニなどがいる集団から抜け出した。

残り6.9km、ホアキンが集団から抜け出した。

残り7km、タイム差3分。

メカニックがバイクを抱えてオートバイで併走中。

残り7.5km、ブランビッラが先頭、タンキンクも遅れた。集団とのタイム差3分17秒。

残り7.7km、ラボッティーニが遅れ、先頭はタンキンク、ブランビッラの2名。

サストレも遅れた。

残り8.2km、ガルゼッリ遅れる。

残り8.5km、集団とのタイム差3分50秒。

残り9km、ミスコースする選手が…。バイクにバイクをメカニックが携えている。

残り10km、ゾンコランへの上りに突入。平均11.9%、最大22%。先頭ラボッティーニ、タンキンク、ブランビッラの3名、タイム差4分23秒。

I

I

クロスティス峠をやめてテュアリス峠に変更となっていたが、急遽こちらもキャンセル。 ゾンコランに直接向かう。
I

I


リクイガスがペースアップし集団を分裂させる。ニバリを勝たせるためのお仕事?

残り35km、先頭3名と集団とのタイム差5分51秒。山間部の沿道がきれい〜。

残り40km地点のゲートを集団が通過。集団の先頭はリクイガス。

残り36.3kmにあるモンテ・クロスティスへは上らず…。急遽コース変更となったそう。

残り38km、先頭3名のうちラボッテイーニが遅れた、と思いきや戻ってきた。

残り39km、タイム差7分7秒。

残り40.2km、牛にもピンクの風船が…。

ゾンコランにキュートな女性映る。世界不思議発見のミステリーハンターらしい。

残り45km、37.6kmのモンテ・クロスティスへ上っている。タイム差9分5秒。

RaboCyclingアプリ、タンキンク登場

残り46.7km、8分56秒遅れで50km地点のゲートを集団が通過。

先頭も集団もモンテ・クロスティスへの上りに突入。残り37.6km地点が山頂。

残り50km、ラボッティーニ、ブランビッラ、タンキンクが先頭、集団とのタイム差9分22秒。

先頭、集団とも快調に下っている。落車が起こるほどの下りではなさそう。

残り60km、先頭3名と集団とのタイム差9分12秒。集団からコンタドール、チームカーに戻ってバイクごと交換し、現在集団に戻っている最中。

残り64.5km、タイム差9分。集団はサクソバンク、リクイガスがコントロール

残り70km、タイム差9分45秒。

カゾー、今度は前の選手が落としたボトルが転がってきて危うく…。

きょうのRabo Cyclingアプリ、タンキンクの表示がされていない。

残り72km、カゾー、ペダルにサコッシュが絡まり危うく…。スカイの袋が??

残り75km、集団も補給地点に突入。サコッシュとれなかった選手もw

残り78.6km、沿道にチューブトップの女性、胸アップの映像が。

アンドレア・ノエ (ファルネーゼヴィーニ・ネーリソットーリ)がきょうリタイアですか。69.01.15 ITA/42、42歳ですからね〜。

山頂、人すげ〜。なんなんだ、これは!

残り82.5km、先頭はブランビア、ラボッティーニ、タンキンクの3名、9分52秒。先頭は補給地点を通過

http://www.jsports.co.jp/cycle/giro2011/stage/stage_14.html
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ルハノ、山岳3連戦初日を遠慮がちに勝利 コンタ、余力残しマリアローザ守る Giro13S [Giro2011]

【Giro】第13ステージ(スピリンベルゴ〜グロースグロックナー 167km)は、ホセ・ルハノ(アンドローニジョカットリ)が山岳3連戦初日、遠慮がちにゴールラインをトップで切る。残り8.4kmから飛び出し、コンタドールとともに先頭を走り続けたルハノ、おめでとう。

【ジロ13S見所】山岳3連戦初日スタート。47km過ぎキセルロウスキーがアタックし先頭、2級山岳先頭通過。路面が濡れ始め20km過ぎ1級山岳への 登り開始。映像途切れる。10.6kmピンクおじさん登場直後ルハノがアタック。コンタドールとバトル繰り返し最後は…。

ルハノ、小柄、謙虚、健気を備えた山岳に強い勝者だな。今後サストレに通じるところがあるかも。

おぉ、フミ67位ですか、凄い。

ルハノ、小さいな〜。ポディウムガールが屈んでキスしたぞ。

ガドレ3位、アントン4位

【G】ホセ・ルハノ、遠慮がちにゴール。

コンタドール、ルハノにサイン出す。

残り1km、コンタドール、ルハノが先頭。

残り1.3km、追走からホアキン・ロドリゲスが飛び出した。

残り2.4km、アントンが追走から飛び出す。

ガドレとデュポンが追走から飛び出した。

残り3km、コンタドール、ルハノが先頭。

残り4km、コンタドール、ルハノ先頭。

残り7.2km、カザーレックをコンタドールが先頭で通過。雨脚が強くなった。

残り7.5km、コンタドール、ルハノが先頭。路面は濡れている。

残り8.4km、コンタドール前に出た。スカルポーニ、ついていけない。ルハノ、必死で追いつこうと。

残り8.8km、ルハノがアタック、スカルポーニついていく。後ろで飛びついたのはコンタドール。ニバリもチェックにいった。

残り10.1km、ルハノ先頭、スカルポーニ追走、コンタドールまだ前に出ない。

残り10.4km、ルハノがウェーニングを追い抜く。

サルミエント先頭、ウェーニング遅れる。

残り10.6km、ピンクおじさん登場。

先頭と集団のタイム差18秒。

残り11.7km、サルミエント、ウェーニングが先頭、追走は集団に吸収。

サルミエント、ウェーニングが先頭、追走はラストラス、キセルロウスキーら。

残り12.6km、先頭サルミエント、キセルロウスキーは追走に合流。

キセルロウスキーとサルミエントが合流の模様。

追走にいたノチェンティーニが集団に吸収。

山頂付近、カメラに雨粒が。映像も…。

残り15km、追走とのタイム差40秒、集団とのタイム差1分25秒。

残り15.2km、グルペットの集団が。まったりモード。

残り20kmのゲートを集団が通過。先頭とのタイム差2分5秒。

残り20km、1級カザーレックへの上りに先頭キセルロウスキーが突入。集団とのタイム差2分24秒。路面が濡れている。

集団からコンタドールが前方に移動中。

キセルロウスキーをとらえているカメラに水滴がつき始めた。

残り25km、キセルロウスキーが力強く踏んでいる。追走15名とのタイム差55秒。集団とのタイム差3分9秒。集団は縦長になってきた。

集団はエウスカルテルが引いている。リクイガス、スカイ、ラボバンクがそれに続いている。

残り30km、先頭キセルロウスキーと追走45秒、集団とは3分31秒。一瞬ラストラスが追走から逃げていたが吸収される。

キセルノウスキー、サモイラウ、ラストラスの順で山岳ポイント獲得。

先頭と集団とのタイム差2分55秒。

残り39.5km、キセルロフスキーが2級山岳を先頭通過。追走44秒遅れ。

なにげにRabobankのiPadアプリが使える。タイム差、距離がしっかり表示されているし。

うぉ〜、山頂付近の映像、天候が悪そう。9度ですか、気温は。

残り41km、キセルロウスキーがダンシングで逃げている。追走18秒、集団とは4分。

残り45km、キセルノフスキーが逃げている。追走16名とは16秒、集団とのタイム差は3分15秒。

上りに入り、先頭16名からキセルロウスキーがアタック。

残り47km、先頭16名と集団とのタイム差3分30秒。

うぉ、雪渓の中を歩いている人の映像が。

残り50km、タイム差3分40秒。集団はエウスカルテル、サクソバンクの順で走行中。

残り55km、先頭16名と集団とのタイム差4分5秒。残り47kmで2級山岳への上りに入る。

残り60.4km、ラストラス、下りで速すぎて先頭集団を待つだなんてw

うぉ〜、集団による九十九折りの下りは壮観。

残り65.8km、集団も3級山岳の山頂を4分19秒遅れで通過。

残り68.6km、3級山岳をサモイラウが先頭通過。

残り69.5km、集団はエウスカルテル、サクソバンクがコントロール

「このあとスプリンターの俺たちにどうせい!?」ってww まぁ、スプリンターの活躍の場はないよね〜。

残り72.4km、集団はサコッシュタイムに突入。HTCのラボンとクイックステップのシールトラーイェルが接触するも2人ともリスタートを切る。

残り75km、先頭16名、集団とのタイム差5分。

Jspo観られない方へストリーミングありますよ〜。 GazzettaTVは→http://bit.ly/aX1FVe Rai Sportは→http://bit.ly/jKGEnJ 前者はiPhone iPadで観られます。後者はMSのsilverlightが必要ですよ〜。

総合順位はコンタドール、シフトソフ、ニバリ、レメヴェル、スカルポーニの順。

きょうは180名の選手がスタートする。スタートしなかったのはカヴェンディッシュ、レンショー、ペタッキ、ホンド、ヴェントソ、ベレッティ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

カヴ、最後のスプリンター向けステージで完勝 ペタッキ後ろにつけるも物ともせず Giro12S [Giro2011]

【Giro】第12ステージ(カステルフィダルド〜ラヴェンナ 184km
)は、マーク・カヴェンディッシュ(HTC)がチームの働きで2度目の完勝 コンタドールは総合首位のまま。カヴのVサインはチームメイトのおかげだね。おめでとうカヴ。

【ジロ12S見所】平坦基調でスプリンター主体のステージ。残り45km、逃げは4名、途中フラミンゴの大群、ガットのリムに注目。30km、HTCが集団をコントロール、タイム差縮めていく。残り10km各チーム位置取り争い激しく、最後のゴールスプリントへ入っていく。

カヴ、シャンパンファイトは手慣れたものだね〜w

マーク・カヴェンディッシュ(HTC)が、2勝目のVサインとともにゴールラインを先頭で切る。

【G】ペタッキ、カヴに抜かれゴール。HTCのチームメイトの働きがカヴの完勝につながる。

100mでペタッキが先に発車。

250m、まだカヴ発車してない。

ペタ4番目、カヴ3番目。

後方で落車、レディオシャックの選手が怒っている。

残り2km、HTCトレインの後ろにペタッキがぴったり張り付いている。

残り3km、きょうはカヴの後ろにぴったりペタッキ。

残り4km、HTC,BMCが先頭。

BMCが先頭に。HTCが頑張っている。

残り5km、左からリクイガスも上がってきた。

左からコンタドールも上がってきている。

後ろで手を振っている山岳賞のサヴィーニ。

残り8km、オメガファルマ、モビスタなども前に上がってきている。

先頭HTC、ほかのチームに譲らず。

残り10km、ラスト5kmで直角カーブが3度って。落車が怖い。

知らぬ間に逃げの4名は吸収されていた模様。

残り15km、タイム差17秒。

残り16kmなのに、なんだ、この重い雰囲気は。こりゃ凄いスプリント勝負が観られるってこと?

集団はオメガファルマ、サクソバンクなども先頭に飛び出してきた。

残り20km、タイム差57秒、逃げ4名。

集団はHTCとモビスタの2つのトレインが出来ている。

残り30km、タイム差1分40秒。集団をコントロールしているのはHTC。

残り34km、タイム差2分。少しずつタイム差縮まっている。

残り35.8km、ガット派手〜。リムがグリーンって。

残り40km、タイム差2分24秒。集団と先頭4名、同じタイム差でいってるなぁ。

フラミンゴ?凄いな、この量は。

残り45km、先頭4名と集団とのタイム差2分38秒。集団はまだまったりモード。

スプリントポイントはリッチビッティが先頭で通過。

残り49.8km、タイム差2分54秒。

残り60km、タイム差2分4秒。平坦路が続いている。集団は海岸通りから一歩入った街中を走行中。

残り70km、ゴラス、クレメント、ミンゲス、リッチビッティの4名が逃げている。タイム差2分39秒。

http://www.jsports.co.jp/cycle/giro2011/stage/stage_12.html
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。