So-net無料ブログ作成
検索選択

ティラロンゴ、残り10メートルで大逆転勝利 総合首位はへシェダルに Giro7S [Giro2012]

【Giro】第7ステージ(レカナーティ〜ロッカ・ディ・カンビオ 205キロ)は、パオロ・ティラロンゴ(アスタナ プロチーム)が2級山岳頂上ゴールへの上り残り10メートルで大逆転勝利をおさめた。
別府史之(オリカ グリーンエッジ)は、4名で飛び出し、3級山岳ポイントとスプリントポイントを先頭で通過し、山岳賞の順位を一気に6位まで上げてきた。敢闘賞は3位だった。
ライダー・ヘシェダル(GRM)が総合首位を獲得した。2位パオロ・ティラロンゴ、3位ホアキン・ロドリゲスとなった。
マリア・ロッソ・パッショーネ(ポイント賞)はマシュー・ゴス(OGE)、マリア・アッズーラ(山岳賞)はミケール・ルビアノ(AND)、マリア・ビアンカ(新人賞)はピーター・ステティーナ(GRM)が獲得した。

【Giro7S見所】中級山岳頂上G。2年前別府が逃げを決めたステージで再び大活躍。逃げ4名に乗り103キロ山岳P27.6キロスプリントポイント獲得。22.4キロ4名からラボッティーニ飛び出す。2級山岳上りに入り集団は混戦。ラスト1キロ、スカルポーニ飛び出すもティラロンゴが…。

【Giro7S】ティラロンゴ、残り10メートルで大逆転勝利 ゴール後大の字に寝転がる。スカルポーニ、最後の最後でさされる。久しぶりのフランク3位に。別府フミの逃げも。

ティラロンゴ、ギャル二人の方が圧倒的にでかい。

ティラロンゴ、ゴール後、大の字になって横たわる。

【G】スカルポーニ踏み込むもティラロンゴついていき、最後の10mでティラロンゴが逆転勝ち。3位はフランク・シュレック。

スカルポーニ先頭、ティラロンゴぴったりついていく。

エレーダ吸収。

残り1キロ、エレーダ先頭、ピラッジィ吸収される。

ピラッジィがミスコースでエレーダが先に行く。

残り3キロ、集団とは8秒。

残り4キロ、タイム差17秒に。下りに入り一気に縮まった。

ピラッジィ、チームカーからボトルをもらい身体中にかける。残り5キロで25秒差に。

残り6キロ、逃げー2名と集団とのタイム差29秒。

残り7.1キロ、ラボッティーニ、チェーントラブルでストップ。

残り8キロ、先頭ピラッジィ、エレーダの2名。タイム差32秒。集団のペースが上がらない。

メイン集団から今度はオチョアが飛び出す。アンドロジョーニジョカットリ、チームで波状攻撃しかける。

集団からセッラがアタックしクネゴがすかさず反応し即座に集団は吸収。

残り12.2キロ、エレーダが先頭2名に追いつき先頭3名に。

残り13.4キロ、ピラッジィが逃げていたラボッティーニを追いつく。

マリアローザと別れを告げるマローリ、ジャージをアピールし手を降る。

残り15キロ、先頭ラボッティーニ、集団とのタイム差44秒。

別府ら追い抜かれ、先頭ラボッティーニ、追走、ピラッジィ。

残り16キロ、別府ら追走3名がピラッジィに追いつかれる。

飛び出したクレメントを集団が吸収。

集団からはラボバンクのクレメントが飛び出した。 

ラボッティーニが2級山岳の上りに突入。

残り20キロ、2分10秒。先頭ラボッティーニ。追走3名。

逃げ4名でアタック合戦開始。タイム差2分16秒。

2級山岳の上りに突入。タイム差どんどん縮まっている。

残り25キロ、1分45秒差。ホレンシュタイン追いつき、先頭4名に。 

ラボッティーニが逃げ4名から飛び出し、逃げは別府、セルヴァッジの3名に。ホレンシュタインが遅れたか。

【S】残り27.6キロ、別府がスプリントポイントを先頭で通過し、一気にペースを上げた。タイム差2分56秒。

残り30キロ、タイム差3分48秒。集団は物凄い勢いで追い上げ中。

逃げ4名に入っている別府、チームカーの監督と相談。

残り35キロ、タイム差5分。集団はガーミンが先頭に。先頭4名を追っている。

残り40キロ、タイム差5分33秒。集団はカチューシャのブラッドがひいている。

残り45キロ、タイム差5分44秒。集団前方にランプレ、カチューシャの選手が1人だけ入って先頭交代に。

残り50キロ、逃げ4名と集団とのタイム差5分46秒。タイム差一定に。集団をカチューシャひかなくなったからか。

シャンパンを通して街中を撮影した映像、オシャレ。

残り55キロ、別府含む逃げ4名と集団とのタイム差5分46秒。相変わらず集団はカチューシャが先頭になり逃げを追っている。逃げ4名のうちホレンシュタインがヴァーチャルマイヨジョーヌにさせないためか。

残り60キロ、逃げ4名は下りに突入。カチューシャが追走開始し、タイム差が縮まり6分11秒。

残り65キロ、タイム差6分41秒。先頭4名は上りに突入。タイム差一気に1分縮まった。

短パーニタイム。きょうは最後の2級山岳がポイントですか。

残り70キロ、逃げ4名と集団とのタイム差7分50秒

カヴがボトル運び、きょうの仕事はこれか。

残り80キロ、7分45秒。逃げ4名のまま。

ラボッティーニが監督と相談。先頭4名から逃げ出す相談か。

集団は補給地点に突入。ランプレが集団をひいている。 

残りの90キロ、逃げラボッティーニ、別府、ホレンシュタイン、セルヴァッジの4名。タイム差8分10秒。

メイン集団も下りに突入。縦長になって下っている光景をみるとツールの映像?と思いきや路面を見るとジロってわかる。

残り100キロ、タイム差8分2秒。別府含む逃げ4名は下りに突入。

【3】残り103.1キロ、別府が山岳ポイントを先頭で通過。逃げは4名。2010年のジロでも別府が逃げたステージ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ルビアノ、歓喜の単独逃げ切りV マリアローザはマローリに Giro6S [Giro2012]

【Giro】第6ステージ(ウルビーノ〜ポルト・サンテルピディオ 210キロ)は、ミケール・ルビアノ(アンドローニ・ジョカットリ)が、全ての山岳ポイントを先頭で通過し、ゴールまで単独逃げ切りを決め、グランツール初のステージ優勝を飾った。
アドリアーノ・マローリ(LAM)が総合首位を獲得した。2位ミカル・ゴラス、3位ライダー・へシェダルとなった。
マリア・ロッソ・パッショーネはマシュー・ゴス(GRM)、マリア・アッズーラはミケール・ルビアノ(AND)、マリア・ビアンカはアドリアーノ・マローリ(LAM)となった。

【Giro6S見所】今ジロ初の山岳は中級山岳で。9名が飛び出し92.7キロ2級山岳、ルビアノ先頭通過。フースホフト上りで諦めリタイア。カヴ上りで落車。残りの山岳すべてルビアノが獲得。追走4名がルビアノを必死になって追うも…。

カヴ、まだ走ってるのか。娘の前ではリタイアできないのか。

【G】ルビアノ、歓喜の単独逃げ切りV マリアローザはマローリに アンドロジョーニジョカットリの選手は職人さんっぽい男気溢れた人が多いような。 

追走4名は駆け引きに入り、マローリが先頭。集団は1分50秒遅れでフィニッシュ。

ルビアノ、歓喜の逃げ切り決める。 

残り1キロ、ルビアノ先頭。追走4名とのタイム差は1分15秒。追走4名で割りをくったのはマローリか。 

残り2キロ、1分21秒。メイン集団とは2分47秒。ルビアノ独走。 

残り5キロ、ルビアノ先頭、追走4名とのタイム差1分32秒。ルビアノ、相変わらず単独走。逃げ切り濃厚。 

追走4名でディアチェンコがローテーションに回らない選手に檄を飛ばしている。

追走4名にいるマローリがヴァーチャルマリアローザ。

残り10キロ、先頭ルビアノ、追走4名。タイム差1分20秒。集団とは3分34秒、集団が追いつくことはもうないか。 

ジロは敢闘賞ってあるのかな。あったらルビアノだね、きょうは。

残り14.1キロ、追走4名と先頭ルビアノとのタイム差1分21秒。メイン集団とは3分42秒。逃げは決まったか? 

残り15キロ、先頭ルビアノ、追走4名とのタイム差1分12秒。

集団からヴィスコンテイが飛び出したが再度吸収。揺さぶりをかける選手が多数。

残り20キロ、ルビアノ先頭、追走4名。1分12秒差に。 

残り21.2キロ、メイン集団からコルナゴの選手が飛び出した。

残り25キロ、ルビアノが単独走。集団とは4分32秒。

先頭から8分遅れでナヴァルダスカスが3級山岳を通過。お疲れさまー。

ポ様、先頭をひいている。 

残り28.4キロ、集団からポッツァートが飛び出した。

残り29.5キロ、集団も3級山岳を通過。4分33秒。

先頭通過したルビアノ、下りに入ってもペダルを踏み込むことをやめない。 

残り33.7キロ、ルビアノが最後の3級山岳を先頭で通過。集団とは4分20秒差。

残り34.6キロ、上りに入り、ルビアノが飛び出した。

残り35キロ、タイム差は4分25秒に。ナヴァルダスカスは単独走に。逃げはベネデッティ、ルビアノ、マローリ、ゴラス、ディアチェンコの5名。

残り37.2キロ、先頭は5名に。マローリ、ルビアノ、ディアチェンコ、ゴラス、ベネデッティ。

残り38.6キロ、ナヴァルダスカスはカメラに手を降る。最後の上りに集団は突入。遅れていたナヴァルダスカスも上りの手前で追いついたが…。

残り40キロ、先頭は3級山岳の上りに突入。平均斜度18%。

残り45キロ、3分47秒差。マリアローザのナヴァルダスカスはメイン集団から再び遅れている。

残り48.5キロ、中間スプリントポイントをルーク・ロバーツが先頭で通過。マローリが先に仕掛けるもロバーツが差した形となった。マローリは結局5位通過。

残り50キロ、タイム差4分32秒。集団はリクイガスがコントロール

ルビアノがチームカーと並走。監督と打ち合わせ。

残り51.5キロ、集団も3級山岳を通過。5分30秒遅れ。

カヴ、上りで速度が落ちすぎて落車したのか。 

短パーにタイムだ。

残り55.6キロ、先頭8名から飛び出したルビアノが3級山岳をトップで通過。

残り57.4キロ、先頭8名が3級山岳の上りに突入。

残り60キロ、逃げ8人、集団とのタイム差は6分50秒。先ほどのトイレ休憩で差が開いたが、再びペースを上げてきているか。

フースホフトは89キロ地点でリタイアしたってことは、2級山岳の上りでか。

あら、ジャックバウアーも落車したのか。バイクジャージパンツのあちこちが切れてる。 

残り68.3キロ、集団から遅れていたナヴァルダスカスが追いつく。

残り72キロ、メイン集団は減速してトイレタイムに。タイム差は4分36秒。 

フースホフト大会去ったのか。 

2級山岳の上りを終え、下りに突入。残り76キロ、逃げ9名、タイム差は4分くらい?

ラストラスが下りで落車?座り込んで立てない。

逃げにいるルビアーノはツールド北海道昨年覇者。

残り93.5キロ、11人が逃げている。ベネディッティ、ルビアノ、マローリ、ディアチェンコ、ローリン、バウアー、クチンスキー、スムクリス、ラストラス、ゴラス、ロバーツ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

カヴ、娘に捧げたジロ2勝目 ナヴァルダスカス首位を維持 Giro5S [Giro2012]

【Giro】第5ステージ(モデナ〜ファーノ 209キロ)は、マーク・カヴェンディッシュ(スカイ・プロサイクリング)がチームのアシストに助けられ、4級山岳も難なくこなし、ゴールスプリントを制しジロ2勝目を飾った。2位マシュー・ゴス、3位ダニエーレ・ベンナーティだった。
ラムナス・ナヴァルダスカス(GRM)が総合首位を獲得した。2位ロバート・ハンター、3位ライダー・へシェダルとなった。
マリア・ロッソ・パッショーネはマシュー・ゴス(OGE)、マリア・アッズーラはアルフレッド・バッローニ(FAR)、マリア・ビアンカはラムナス・ナヴァルダスカス(GRM)となった。


【Giro5S見所】スタート直後から4名飛び出す。36.3キロ、ガレドと口論のアエドが接触落車。4級山岳上りでデマルキ逃げ、集団はリクイガスひき、フースホフト、ファーラーらスプリンター遅れるもカヴ残る。20キロでデマルキ吸収、集団はゴールスプントへと準備着々… 

きょうの中継映像のまとめはカヴと奥様のキスで締めた。

カヴ、シャンパンの代わりに生後1カ月の娘を抱いて表彰式に登場。シャンパンファイトはなかった。第3ステージで落車した膝の傷がすでに治りかけ。驚異の回復力が強さの証か。

【G】カヴ、チームの力で盤石の2勝目 ゴスが横に出るも圧勝 Giro5S別府のアタックによりゴスの活躍もはっきり。ゴス、ゴール後カヴのお尻を叩き勝利を称える。

スカイのアシストに守られたカヴが飛び出し、左横にはゴスが上がってくるもカヴが完勝。

残り1キロ、別府と思いきやタフトがアタック。数百メートル逃げるもスカイに吸収。

残り2キロ、HTCの同門対決となるか。カヴ、レンショー、ベルナーティら。

残り3.4キロ、マダスハンセンがアタックするも吸収。

残り5.3キロ、スカイ、ラボバンク、オリカらが集団の前方に出てきた。

ファーノの観光映像とともに集団の走行映像。

残り10キロ、集団の先頭はめまぐるしく交代している。追走のファラーがアシスト選手の肩を叩いた。ゴールスプリントは諦めた模様。

残り12.5キロ、アニョーリがアタック、ビスコンテイがくっついている。も、別府が集団をひいて吸収。

残り15キロ、アスタナが集団をひいている。右画面はイタリアの観光映像。

残り20キロ、デマルキは集団に吸収。リクイガス率いる集団により有力スプリンターは遅れていった。

残り20キロ、ファラー、フェラーリらが遅れている。

残り25キロ、集団はリクイガスがひいている。逃げのデマルキとのタイム差45秒。徐々に縮まっている。

残り26.6キロ、逃げていたデネグリ、ブルギャクが集団に吸収。逃げはデマルキのみに。

カヴ、集団から遅れず走行。調子いい?

残り30キロ、先頭デマルキと集団とのタイム差1分6秒。タイラー・ファーラーが苦しい表情、上りで遅れている。落車したフィニー、フースホフトも遅れている。

テイラー・フィニー、右足にコンプレッション、先ほどの落車に巻き込まれ、バイクジャージ後方が破れている。集団に戻ろうとしている。

集団はリクイガスとスカイが前方に出てきた。

残り33.5キロ、逃げ3名からデマルキが下りに入って飛び出す。

残り34.3キロ、登りで3名が落車。BMCが巻き込まれる。

残り35.3キロ、ベネグリ、デマルキ、ブルギャクが山岳ポイントを通過。カイセンは遅れた。

残り36.7キロ、アエドとフィニーらが落車。アエド、ジョン・ガレドと口論中に前輪を接触させ転倒。 

残り44.1キロ、先頭4名がスプリントポイントを通過。一瞬デネグリが飛び出し、カイセン、ブルギャク、デマルキの順に。集団とのタイム差3分47秒。

残り47.7キロ、ガーミンが集団を引き始めた。逃げ4名に追いつけるか。タイム差4分24秒。

残り50.6キロ、空撮からの映像でソーラーパネル。パネルに何か文字が書いてあった。

残り53.1キロ、カラーラが審判カーと会話したあと後方に下がって行った。

残り55キロ、タイム差5分15秒。ヘリコプターからは海外線を撮影している。

アニョーリ、バッソのバイクシューズを留め直しているときに、後ろから押している。この時間帯はリクイガスの時間か。

うわぁ、アニョーリがBMCの選手を抜きざま、バイクボトルの水をかけて追い抜いて行った。

残り65キロ、逃げ4名、集団とのタイム差5分35秒。75キロ地点とさほど変化せず。

残り67.5キロ、クネゴが左手をサムズアップ。表情が絞れてみえる。

残り71キロで短パンたいむに突入。風の状況を解説中。

残り73.7キロ、アスタナのディアチェンコがバイクジャージの背中部分に大量のバイクボトルを入れてチームメンバーにボトルの分配をしている。

残り75キロで5分37秒差まで詰めた。

きょうのステージでもっともテレビカメラに映ったのは虫?

残り85キロ、逃げはデマルキ、デネグリ、ブルギャク、カイセンの4名。集団とのタイム差5分45秒。集団は縦長の隊列で進んでいる。

きょうは209キロの平坦コース。残り44キロまでは平坦で、4級山岳があって、ラストはスプリント勝負なコース設定か。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ガーミン・バラクーダがチームTT首位 マリアローザはナヴァルダウスカス Giro4S [Giro2012]

【Giro】第4ステージ(ベローナ 33.2キロ チームタイムトライアル)は、ガーミン・バラクーダ(アメリカ)が37分4秒でチームタイムトライアルを制した。2位カチューシャ37分9秒、3位サクソバンク・アスタナ37分26秒だった。
オリカ・グリーンエッジ所属の別府史之は日本のナショナルチャンピオンジャージをまとって出走。左コーナーにあったマンホールでスリップし一瞬落車しそうな状況もあったが、最後まで走り切りチームに貢献した。
ラムナス・ナヴァルダスカス(GRM)が総合首位を獲得した。2位タイラー・ファラー、3位ロバート・ハンターとなった。
マリア・ロッソ・パッショーネはマシュー・ゴス(OGE)、マリア・アッズーラはアルフレッド・バッローニ(FAR)、マリア・ビアンカはラムナス・ナヴァルダスカス(GRM)となった。


【Giro4S見所】ジロ開幕後4日目にして初のイタリア上陸後、いきなりのチームTTで始まる。カチューシャ、サクソバンクなどの活躍以外にナショナルチャンピオンジャージをまとったフミにも注目。総合首位のフィニーのアクシデントもあったが、チームTTの結末は…。

【G】ガーミン・バラクーダがイタリア上陸後初のチームTT制す マリアローザはナヴァルダウスカス Giro4S

BMC37分35秒、10位でフィニッシュ。フィニー、マリアローザ奪われるか? 

ガーミン37分4秒、暫定トップに。8人が一緒にフィニッシュ。

オリカ・グリーンエッジ、37分29秒、暫定5位。

レディオシャック8人で37分32秒、暫定6位。

カヴちぎれたスカイ、37分46秒、暫定6位となった。

フィニー、コースアウトし、草むらに突入。草をとってチームに復帰。BMC、ばっらばらが影響したか?

アスタナ、37分26秒、暫定2位でフィニッシュ。

BMC上りでバラバラか?

リクイガス、37分30秒、暫定3位でフィニッシュ。 

フミ、左カーブで危うい態勢。マンホールでスリップ。

ガーミンのラスムッセン、チーム員の背中を叩いて遅れる。

サクソバンク37分26秒、暫定2位でフィニッシュ。

ラボバンク5人でフィニッシュ。最後バラバラになってしまった。 

ガーミン、第一計測ポイントを9分56秒で通過。

画面にハエがw

BMCがスタート。フィニー、バッラン、フースホフトなど。選手層厚いな。

カチューシャが7人で37分9秒フィニッシュ。暫定トップ

注目のガーミンがスタート。

BMCのジャージ、首もとが貧相なw

コルニャーゴのちぎれた選手をぶちぬいてFDJが7人でゴールへ。

レディオシャックがスタート。シュレックの今年の活躍を占うスタート。

にゃるほどーw RT @riocampos: ヒント:ヘルメットの青い部分 RT @errantry: なんで大名行列w

コルニャゴ5名でフィニッシュ。38分16秒、暫定3位。 

なんで大名行列w

スカイが登場。黒い軍団、怖い。カヴどこまでいけるのか。

ロットは7名でフィニッシュ。暫定2位。

ヴァカンソレイユがスタート。デヘント。

ランプレ5人でフィニッシュ。37分38秒。暫定トップ。1分以上も速い。

アンドローニ・ジョカットリ、暫定トップでゴール。あらら。と同時でオメガがスタート。

アスタナがスタート。と同時にエウスカルテルがフィニッシュ。39分26秒。

リクイガスがスタート。バッソ、アニョーリ、カッペッキら。優勝候補がいるから遅れられない。

AG2Rがフィニッシュ。38分49秒。基準タイムに。

サクソバンクがスタート。アエド、トザット、クリステンセンらか。

カチューシャが第一計測ポイントをランプレより12秒上回り暫定トップ。

レンショー、ボスら率いるラボバンクがスタート。

ネットアップがスタート。有力どころは…。

モヴィスタがスタート。ラストラス、ヴィスコンティらか。

ロドリゲス、イグナチェフらのカチューシャがスタート。

黙祷 RT @sKYcHELSEA_: 黙祷 RT @snoa82 黙祷 RT @kazuhanamaru: 黙祷 RT"@hrskrsm: 黙祷 RT @f_taka_: あと、今日5月9日は、ウェイラントの一周忌にあたります(Twilogで確認)黙祷 

ポッツァート率いるファルネーゼ・ヴィーニがスタート。目が痛い。

カザール率いるFDJがスタート。

コルナゴがスタート。こるにゃーご。

バク、カイセンなどが率いるロット・ベリソルがスタート。

ランプレがスタート。スカルポーニ、クネゴもいる。

アンドローニ・ジョカットリもスタート。

AG2Rの次はエウスカルテルの順でスタート。

きょうからイタリア上陸。いきなりのチームTT。昨日の休息日、デンマークから移動した選手たちのイタリアでの熾烈な戦いが切って落とされた。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ゴス、チーム力でゴールスプリント制す フィニー首位を維持 Giro3S [Giro2012]

【Giro】第3ステージ(ホルセンス〜ホルセンス 190キロ)は、マシュー・ゴス(オリカ・グリーンエッジ)が250メートル手前から飛び出し、ゴールスプリントを制した。別府をはじめグリーンエッジのチームがアシストとしてしっかり仕事をした勝利だった。2位フアンホセ・アエド、3位タイラー・ファラーとなった。
ゴール手前350メートルで集団の前方にいたカヴェンディッシュは、フェラーリの急な進路変更により前輪がぶつかり大転倒、マリアローザのフィニーも落車に巻き込まれるアクシデントがあった。カヴはバイクを右肩で担ぎ歩いてゴールした。
テイラー・フィニー(BMC)が総合首位を維持した。2位トーマス、3位アレックス・ラスムッセンとなった。
マリア・ロッソ・パッショーネはマシュー・ゴス(OGE)、マリア・アッズーラはアルフレッド・バッローニ(FAR)、マリア・ビアンカはテイラー・フィニー(BMC)となった。



【Giro3S見所】昨年3Sで亡くなったウェイラントへの追悼セレモニー。スタート直後6名飛び出し、32.5Kクリステンセン逃げるも24.3Kで吸収。14.4Kバク飛び出すも11.5Kで吸収。2K手前スプリント決める準備のカヴの周囲は大混乱。最後は…。

フェラーリ降格処分でフミ9位に。

フィニーが表彰式に出られないようなのでマリアローザを着た少年が登場。

フミ10位でゴール。

【G】マシュー・ゴス(グリーンエッジ)がスプリントを制す。フミのアシストが効いたか。フェラーリが急に右に移動したためにカヴ接触で大回転。バイクを担いでゴールした。 

カヴ、落車。

残り1キロ、グリーンエッジが先頭をひいている。カヴ様子見。

残り2キロ、カヴの周りにたくさんの選手が。前にいけず。

残り3キロ、別府は先頭にはいかず。様子をみるのがうまい。

残り4キロ、カヴの後ろで位置どり争い。

残り5キロ、アスタナが今度は先頭に。カヴは6番目付近。 

残り6キロ、スカイが再び先頭に。位置どりが激しい。

別府も前方にいて仕事をしている。

サクソも前方に出てきた。

残り10キロ、リクイガス、ランプレが集団をひいている。 

残り11.5キロ、バクが集団に吸収。

残り14.4キロ、先頭バク、集団も10秒遅れでゴールラインを通過。ラスト一周の鐘が鳴る。

残り15.6キロ、残り1キロのゲート手前で悪魔おじさんがジャンプ。

残り19.6キロ、ロットのバクが飛び出した。ラスト一周の鐘を先頭で聞こうという作戦か。

集団は道幅いっぱいに広がって走行している。ポジション取りが激しくなってくるのか。

残り24.3キロ、クリステンセンが集団に吸収。おつかれさま。

残り28.6キロで逃げていたクリステンセンを除く5名が集団に吸収。

集団はランプレ、スカイ、リクイガスが前方に集まってきている。

残り32.5キロ、先頭6名からクリステンセンが飛び出した。

残り35キロ、先頭6名と集団とのタイム差47秒。一気にタイム差が縮まった。

残り40キロ、1分22秒差。タイムが徐々に縮まっているが、ラスト1周まで逃がしたままでいくのか。

ゴール地点は3キロ以上直線なのか。

そっか、きょうは14.3キロのコースを3周回するのか。ゴールスプリント、きょうも激しそう。

残り50キロ、逃げは6名、集団とのタイム差は2分14秒。

ジロ第3ステージから参戦。JsportsよりRAIのストリーミングの方が数秒早いってどういうことw
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

カヴ、最後のスプリント制し5勝目 エヴァンス、マイヨジョーヌ獲得 TdF21S [TdF2011]

ツール・ド・フランスは25日、第21ステージ(クレテイユ〜パリ/シャンゼリゼ 95km)が行われ、マーク・カヴェンディッシュ(HTCハイロード)がロングスプリントを制し今ツール5勝目を果たした。カデル・エヴァンス(BMC)がオーストラリア人として初めて総合優勝を飾った。
最終日にあたる第21ステージ、パレード走行のあと、選手たちはシャンゼリゼに向かう。1周6.5kmの世界最大の周回コースを8周回し、途中35.5kmの中間スプリントポイント、最後のゴールスプリントを争う。
パレード走行では4賞、総合優勝チームなどがメイン集団の前方で記念撮影が行われ、和やかに選手は走行する。実際のスタート地点を通過し、エヴァンスがすぐさまマイヨジョーヌカラーのバイクから普段のバイクに交換をする。「乗り慣れたバイクでゴールを」とのコメント。途中、コンタドールやクネゴ、アンディらが前方に移動しエヴァンスに祝福を述べるシーンもあった。
残り51km、トンネルを抜けシャンゼリゼ通りに突入すると、集団の前方にいたBMCの選手を追い抜き、中間スプリントポイントを獲得しようとする選手が飛び出していく。コレン、ロワ、パォリーニョ、バク、リブロン、スィフトの6名が飛び出し中間スプリントポイントを通過、メイン集団からはカヴェンディッシュがポイントを獲得した。
先頭6名とメイン集団とのタイム差が1周毎に徐々に縮まっていき、8周目に最後の鐘が鳴る頃にはタイム差が13秒に縮まっていた。残り2.8kmで先頭6名の全員が吸収され、いよいよメイン集団の各チームはゴールスプリントの体制に入っていく。残り1.1kmでアイゼルが先頭になりHTCトレインが結成。アイゼル、マルティン、ゴスとなり、最後のレンショーが左に避けるとカヴェンディッシュが発射され、カヴェンディッシュが追ってきたボアッソン・ハーゲンをものともせず逃げ切りゴールスプリントを制した。
ゴール後、総合優勝を飾ったカデル・エヴァンスの周りにはBMCの選手が集まり、エヴァンスの優勝を祝った。
ポイント賞はマーク・カヴェンディッシュ(THR)、山岳賞はサミュエル・サンチェス(EUS)、新人賞はピエール・ローラン(EUC)、チーム総合優勝はガーミン・サーヴェロ、総合敢闘賞はジェレミー・ロワ(FDJ)が獲得した。

【TdF】第21ステージ(クレテイユ〜パリ/シャンゼリゼ 95km)はマーク・カヴェンディッシュ(HTCハイロード)が6.5kmの世界最大最高峰の周回スプリント制した。今ツール5勝目となった。カデル・エヴァンス(BMC)がオーストラリア人として初めて総合優勝を飾った。
ポイント賞はマーク・カヴェンディッシュ(THR)、山岳賞はサミュエル・サンチェス(EUS)、新人賞はピエール・ローラン(EUC)が獲得した。

【TdF21S見所】パレード走行を終え95kmを走行。パリ・シャンゼリゼに入るまでは大きな動きはなし。途中エヴァンスがマイヨジョーヌカラーから普段のバイクに交換「乗り慣れたバイクでゴールを」と。51kmトンネルを抜けるといよいよシャンゼリゼ、いよいよ。

ヴォクレールとジルベール、ベルギーからスタートということで、ポディウムに呼び出される。

4賞の表彰。ローラン、サミュエル・サンチェス、カヴェンディッシュ、エヴァンス、おめでとう。

チーム総合優勝はガーミン・サーヴェロが獲得。なんだ、あの看板はw ザブリスキー。

え?フランクに子供?うぇ〜〜〜〜〜〜?

今まで生で国家斉唱はなかったような…。

てか、急遽、日本人がマイヨジョーヌ獲得した場合、日本人は誰が君が代を歌いにいくんだろう。

総合3位の表彰。シュレック兄弟が脇に。真ん中の少し高い台に乗っているエヴァンスよりもシュレック兄弟の方が高い。

苦節何年だかわからない。34歳カデル・エヴァンスがマイヨジョーヌ獲得。顎にきょうはあまり割れ目がない。

敢闘賞はジェレミー・ロワ(FDJ)。う〜ん、気合いだ〜。

ローラン、新人賞獲得。アンディは新人賞獲得し、今万年No.2に…。気をつけよう、ローラン。

サミュエル・サンチェスのマイヨ・ブラン・ア・ポワ・ルージュはファミリーで。キッズとともに。

カヴは相変わらずマイヨベールにキスをする映像がいい。

さらっとしているな、カヴの表彰は。

第21ステージはカヴェンディッシュ(THR)、ハーゲン(SKY)、グライペル(OLO)、ファーラー(GRM)、カンチェッラーラ(LEO)、オス(LIQ)、ボジッチ(VCD)、ヴァイクス(AST)、チオレック(QST)、アングルヴァン(SAU)の順。

ジルベールと抱き合うカヴ。

ゴール後、エヴァンスの周りにBMCの選手が集まる。

【G】マルティン、ゴス、レンショーまできて、きた〜、カヴが決めた。カンチェもゴールスプリントに参加。

残り1.1km、アイゼルが先頭に。HTCトレイン、盤石。

残り2.1km、バクが吸収。ジルベールがひいている。

残り2.8km、スイフト、メイン集団に吸収。

残り4km、バク先頭、スイフト遅れる。HTCがメイン集団から上がってきた。

残り5km、バクとスイフトが先頭に。

チャリンギも飛び出す。先頭ではスイフトがアタック。

ラボのバレドがメイン集団からアタック。

残り6km、最後の鐘が鳴り最終の8周目に突入。いよいよツール・ド・フランス2011はあと6kmで終了。タイム差13秒。

メイン集団はランプレが前方に出てきた。シャヴァネルのためか。

残り10km、タイム差22秒。

残り12km、7周目に突入。タイム差30秒に。徐々に縮まってきたか。

オベリスク、噴水、ルーブル、トンネル、ジャンヌダルク、観覧車、凱旋門の順となっている。

残り15km、先頭6名のうちバクが引かないので実質先頭は5名か。タイム差32秒。

メイン集団はジルベールが引き始めた。

残り19km、6周目に突入。メイン集団はヘシェダル、ラングがひいている。先頭6名とメイン集団とのタイム差37秒。

残り20km、タイム差39秒。

残り22.1km、バレドが落車、アシストも誰もいない。

残り22.3km、タイム差徐々に広がり43秒に。HTCがどのタイミングで詰めてくるのか。

残り24.5km、5周目に突入。先頭6名とメイン集団とのタイム差35秒。変わらず。

残り26km、先頭6名はしっかり先頭交代をおこなっている。タイム差34秒。

残り28.3km、ジルベール、カーブ手前で最後尾、ゆったり走行。

残り30.5km、4周目に突入。先頭6名とメイン集団とのタイム差34秒。

残り32.8km、先頭6名、メイン集団とのタイム差38秒。

カヴ、バイク交換。パンクか?

中間スプリントポイントをコレン、ロワ、パォリーニョ、バク、リブロン、スィフト、カヴェンディッシュ、ゴス、ロハス、ジルベール、レンショー、アイゼル、デヘント、ナバルダスカス、マルティンの順で通過。

【S】残り35.5km、中間スプリントポイントをコレンが先頭で通過。メイン集団からはカヴが先頭で通過。

残り36.5km、3周目に突入。コレン、リブロン、スイフト、パオリーニョ、バク、ロアが先頭。

残り38.1km、スイフトに追走が合流し先頭は6名に。

スイフト先頭、追走5名、メイン集団は横一列になっている。

残り40km、スカイのスイフトが飛び出した。200mくらい差が開いた。

シャヴァネル、ルイ・コスタともう1人が飛び出している。

画面左上に地震マーク。

ルイ・コスタが1人飛び出した。

残り43km、2周目に突入。先頭6名。

先頭フレチャ、バクらを含む7名が飛び出した。

凱旋門に向かって走行中。BMCを追い抜いていく選手が多数。いよいよ。

50km、1周6.5kmの世界最大最高峰の周回コースにいよいよ突入。BMCが先頭、レオパード・トレックが続いている。

残り51km、いよいよトンネルを通過。

残り51.4km、BMCがシャンゼリゼを走行。徐々に隊列が縦長になってきた。

残り54km、フースホフト、ボトルをもらいにチームカーへ下がった。

残り55km、BMC、モヴィスタのほかにHTCも前方に出てきた。

残り58km、パリ市内に集団が突入。

残り60km、BMCとモヴィスタがメイン集団をコントロール中。徐々に集団は横一列になってきた。

残り61.9km、バイクに乗ったカメラマンのヘルメットに兎の耳w

残り65km、集団は平均時速は23kmで走行。

残り72.3km、コンタドールとエヴァンスが握手。知らぬ間に前方にコンタ出てきていた。前回王者が現在の王者を祝福。

コンタドールは一体どこに?

バイク交換のエヴァンス、一緒に戦ってきて乗り慣れたバイクでゴールしたい、と。

残り85.9km、エヴァンスがバイク交換。マイヨジョーヌカラーのスペシャルバイクから通常バイクに。

残り89.8km、エバンスがチームカーとシャンパンで乾杯。

残り90.2km、エヴァンスさん、後方に下がりボトル要求。もしやメンバーのためにボトル運びしてあげちゃうの?

残り91.3km、タイム表示のお姉さん、以前より胸が…。

BMCが横一列になってアクチュアルスタート。いよいよツール・ド・フランス2011最終日。てかスタートの瞬間見逃した。

残り35.5kmに中間スプリントポイントが設定されている。昨年はスプリントポイント時に電話取材をしていててんやわんやだったけど、今年は?

今度はBMCが先頭で横一列になり記念撮影。山岳に入るとエヴァンスをアシスト出来なかったけれど、良いチームだった。

カンチェとフースホフトが対談。フースホフト、カンチェのマイクに向かってお話中。

シュレック兄弟とエヴァンスが肩を組んでいる。いいね〜。

ツール・ド・フランス2011第21ステージがスタート。現在はパレード走行中。4賞ジャージが一番前に出て肩を組み記念撮影中。

http://www.jsports.co.jp/cycle/tour2011/stage/stage_21.html
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

マルティン、個人TT制す 総合首位はエヴァンスが奪う TdF20S [TdF2011]

【TdF】第20ステージ(グルノーブル 42.5km 個人TT)は、トニー・マルティン(HTCハイロード)が55分33秒でトップタイムをたたき出しステージ優勝を飾った。総合首位はカデル・エヴァンス(BMC)が83時間45分20秒で獲得した。個人TTでマルティンに7秒遅れの好タイムを出し、アンディに1分34秒差をつけた。
ポイント賞はマーク・カヴェンディッシュ(THR)、山岳賞はサミュエル・サンチェス(EUS)、新人賞はピエール・ローラン(EUC)が獲得した。

【TdF20S見所】個人TT42.5kmでいよいよ総合順位が確定する。マルティン早々とトップタイム叩き出す。前日までのタイム差は1位アンディに対し2位フランク53秒差、3位エヴァンス57秒差は一体どうなる?新人賞争いのローランとタラマエの争いも見物。

総合首位はエヴァンス(BMC)83時間45分20秒、2位アンディ1分34秒遅れ、3位フランク2分30秒遅れ、ヴォクレール3分20秒、コンタドール3分57秒、サミュエル・サンチェス4分55秒、クネゴ6分5秒、バッソ7分23秒、ダニエルソン8分15秒、ペロー10分11秒となった。

第20ステージは、マルティン、エヴァンス7秒、コンタドール1分6秒、デヘント1分29秒、ポート1分30秒、ペロー1分33秒、サミュエル・サンチェス1分37秒、カンチェッラーラ1分42秒、ヴェリトス2分3秒、タラマエ2分3秒の順。

アンディ・シュレック(LEO)、58分11秒、17位でフィニッシュ。万年総合2位男はエヴァンスからアンディに…。フランクともタイム差で仲が良すぎる。

フランク・シュレック(LEO)、58分14秒、暫定19位でフィニッシュ。TTのタイムよりも山の下りでタイム差をつけられなかったため総合順位を落としたのか。

カヴとマルティン、表彰待ちで2人で談笑中。

カデル・エヴァンス(BMC)、55分40秒で2位フィニッシュ。アンディとのタイム差を知らず、手は挙げないエヴァンスかっけ〜

トマ・ヴォクレール(EUC)、57分47秒、暫定12位でフィニッシュ。総合4位に。

クネゴ、59分11秒、暫定27位でフィニッシュ。総合順位落とす。

アンディ、第2計測ポイントを42分15秒で18位通過。

アルベルト・コンタドール、56分39秒、暫定2位でフィニッシュ。山も上れてTTも強いって何?

サミュエル・サンチェス、57分10秒、暫定5位でフィニッシュ。総合もアップ。

バッソ、59分20秒、暫定27位でフィニッシュ。

コンタドール、第3計測ポイントを53秒遅れの暫定2位通過。

顎だけでなく眉間も割れるとやっぱ強いの?w

やっぱり顎の割れ具合で好調さがわかるんだね〜。

エヴァンス、第2計測ポイントを40分33秒、暫定2位で通過。

ヴォクレール、第2計測ポイントを42分5秒、暫定14位で通過。

ローラン、新人賞守った。58分34秒で暫定14位フィニッシュ。

エヴァンス、ヴァーチャルリーダーに。

コンタドール、第2計測ポイントを41分8秒で暫定3位通過。

タラマエ、57分36秒で暫定6位フィニッシュ。新人賞の行方は?

アンディ、第1計測ポイントを21分9秒、57秒遅れでヴォクレールと同タイムで通過。

フランク、第1計測ポイントで55秒遅れの15位で通過。

エヴァンス、第1計測ポイントでコンタドールと同タイムに。これは凄い。

ローラン、第2計測ポイントを42分18秒で通過。タラマエとは26秒遅れ。

ヴォクレール、第1計測ポイントで57秒遅れの16位で通過。

新人賞のローラン、第1計測ポイントでタラマエから16秒遅れで通過。

新人賞争い中のタラマエ、第2計測ポイントで41分52秒で暫定6位通過。

コンタドール、第1計測ポイントでマルティンから21秒遅れで暫定2位通過。

ヴェリトス(THR)、57分36秒でフィニッシュ。マルティンから2分3秒遅れ。HTC、速い選手多いな。

アンディ・シュレック(LEO)がスタート。マイヨジョーヌの行方はどうなる?エヴァンス、ヴォクレール、コンタドールを打ち負かせるのか。

フランク・シュレック(LEO)、今年活躍したか、と言えば言い切れないような…。攻めた、とも言える感じがしないが総合2位。どうなんだ。

カデル・エヴァンス(BMC)がスタート。男泣きを見られるか。眉間と顎にくっきりです!

トマ・ヴォクレール(EUC)がスタート。まさかの総合狙い?

アルベルト・コンタドール、十字を3回切ってスタート。今年はまだツールで1勝もしていないのが…。

残り選手は、コンタドール、クネゴ、ヴォクレール、エヴァンス、フランク、アンディのみ。

サミュエル・サンチェスがスタート。山岳ジャージオレンジ色、これってカルピス色っぽくない?

バッソがスタート。う〜ん、今年は残念な年になっちゃったか。

新人賞ジャージをかけてローランがスタート。タラマエとの争いはどうなる?

アンディのアップ、淡々と精神集中をしている様子。

ジルベール、チェーントラブルで集中力が切れ流してフィニッシュ。きっと股間を打ったはずw

ジルベール、チェーンが外れたのか、ペダルも外れて玉打ったか〜?

エヴァンス、アップ中の映像、あごだけでなく眉間も割れている。きょうの調子は?

ヴェリトス、超イケメンじゃないっすか。

トニー・マルティン(THR)、暫定トップ。55分33秒でフィニッシュ。圧倒的タイム。マルティン、TTのときの表情は怖い。

ドーフィネのTTと同じコースなんだぁ。で、ドーフィネではマルティンがトップタイム出したなら…。

マルティン、第3計測ポイントを1分6秒デヘントに上回る49分53秒で暫定トップタイム通過。

ピノー(QST)、天へ指さし、叔父に捧げるゴール。

マルティン、第2計測ポイントをデヘントの38秒上回る40分26秒で暫定トップタイム。

ボアッソン、メカトラでバイク交換。ハンドルが折れた。ブルホーンって折れるの?

LLサンチェスのジャージとメット、赤だから何か赤レンジャーっぽいw

さか、マルティン、個人TTにあわせてしまった?総合争いはお預け、カヴのために献身的なアシスト。第1計測ポイントで暫定トップに。

ジルベール、お立ち台で立ちゴケしそうに。ギアの選択を失敗か。

トーマス・デヘント(VCD)、57分2秒でフィニッシュ、暫定トップに。

デヘント(VCD)、第3計測ポイントをリッチー・ポートのタイムよりも18秒速いタイムで通過。

デヘント(VCD)、第2計測ポイント時点でカンチェから24秒速いタイムをたたき出す。

フーガーランドがフィニッシュ。33針をぬう怪我を負ったフーガーランド、お疲れ様。

リッチー・ポート(SBS)がカンチェッラーラのタイムをうわまる。57分3秒でフィニッシュ。カンチェッラーラは12秒遅れとなった。

第1計測ポイントは15km、第2計測ポイントが27.5km、第3計測ポイントが37kmとなっている。

http://www.jsports.co.jp/cycle/tour2011/stage/stage_20.html
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ローラン、ラルプ・デュエズを制す アンディが総合首位に TdF19S [TdF2011]

【TdF】第19ステージ(モダンヌ〜ラルプ・デュエズ 109.5km)は、ピエール・ローラン(チーム・ユーロップカー)がコンタドールに差をつけ、ラルプ・デュエズを制した。新人賞も獲得した。
総合首位はアンディ・シュレック(チーム レオパード・トレック)を獲得した。ヴォクレールが第9ステージから着ていたマイヨジョーヌを奪った形となった。フランク53秒差、エヴァンス57秒差、ヴォクレール2分10秒、クネゴ3分31秒、コンタドール3分55秒、サンチェス4分22秒、バッソ4分40秒、ダニエルソン7分11秒、ローラン8分57秒の順となっている。
山岳賞はサミュエル・サンチェス(EUS)、新人賞はピエール・ローラン(EUC)、ポイント賞はマーク・カヴェンディッシュ(HTC)が獲得した。

【TdF19S見所】ラルプ・デュエズの頂上山岳決戦。1級上りでコンタがアタック、アンディ引き連れ85.9kmで先頭に。ヴォクレール飛び出すも失速。ガリビエ峠でアンディ、コンタの順で通過。中間スプリントを終え12.5kmのコンタドール再アタック以降は見もの。


総合はアンディ(LEO)、フランク(LEO)53秒差、エヴァンス(BMC)57秒差、ヴォクレール(EUC)2分10秒、クネゴ(LAM)3分31秒、コンタドール(SBS)3分55秒、サンチェス(EUS)4分22秒、バッソ(LIQ)4分40秒、ダニエルソン(GRM)7分11秒、ローラン(EUC)8分57秒。

第19ステージは、ローラン(EUC)、サンチェス(EUS)、コンタドール(SBS)、ヴェリトス(THR)、エヴァンス(BMC)、デヘント(VCD)、クネゴ(LAM)、フランク(LEO)、アンディ(LEO)、ヘシェダル(GRM)、ダニエルソン(GRM)、リブロン(ALM)の順。

敢闘賞はきょう活躍したアルベルト・コンタドール(SBS)に。

カヴェンディッシュらグルペットら82名が制限時間内から20秒遅れで本来なら失格に。が、20ポイント減点で救済された。

アンディ、マイヨジョーヌで明日は個人TT。フランク53秒、エヴァンス57秒ですか。

ローラン、表彰台でのキス受ける前に関係者に握手w 上がっていますね〜。でも、いい表情。

ユーロップ・カーの選手4名が横になってゴール。見ていてすがすがしい。

サンチェスがローランに握手。ローラン、先ほど引かなかったのに、サンチェスは大人。

イエティとフランスの地図。

ヴォクレール、3分21秒遅れでゴール。ヴォクレール、マイヨジョーヌ手放す。

アンディ、ゴール後、額から汗。

【G】ピエール・ローラン(チーム・ユーロップカー)がラルプ・デュエズを制す。新人賞を獲得。ローランはグランツール初勝利。サンチェスは山岳賞を獲得。コンタドール、ツールを楽しくさせてくれた。

サンチェス、コンタドール置いていく。

谷口、フラムルール通過で「終点です、終点です」

残り1km、ローランがフラムルージュを先頭で通過。エヴァンスがアタックもアンディがチェック

ローラン、コンタドールを振り切った。

残り2.1km、エヴァンスが飛び出し、アンディつく。

残り2.5km、ローラン、サンチェスがコンタドールと合流。ローランが瞬時にアタックするも、コンタドールがチェック。

残り2.8km、グループ・シュレックからクネゴが飛び出す。先頭コンタドールとヴォクレールとのタイム差3分。

サンチェス、ローランに引け、と言われるが引かずw

先頭コンタドールとグループ・シュレックとのタイム差1分8秒に。

残り4kmになり、観客が入れないような柵が設置。

残り4.3km、アンディとエヴァンスが会話。この観客の応援で会話が出来るのか。

グループ・シュレックとのタイム差56秒。

残り4.9km、コンタドールへ聴診器をあてる観客が。

残り5.4km、ヴォクレールへのブーイングに対し、ヴォクレール、観客に反論しながら走行。

残り6km、コンタドール先頭、メイン集団とのタイム差2分49秒。グループ・シュレックとのタイム差58秒。

残り6.1km、沿道の観客はオレンジだらけ。

残り7km、先頭コンタドール、追走ローラン&サンチェスとのタイム差36秒、グループ・フランクとのタイム差57秒、メイン集団とのタイム差2分48秒。

残り7.6km、グループ・シュレックからどんどん選手が飛び出している。シュレック兄弟とエヴァンスのペースが遅れているのか。先頭コンタドールとメイン集団とのタイム差2分39秒。

残り8.3km、ヴェリトス、サンチェスがグループ・シュレックから飛び出す。

残り9km、先頭コンタドールとシュレックグループとのタイム差43秒、ヴォクレールとは1分47秒差。

残り10.2km、アンディらにフランク、クネゴらが追いつく。ヴォクレールは1分21秒遅れに。先頭はコンタドール。

残り10.7km、ヴォクレール、1分21秒遅れに。表彰台も厳しくなってきたか。

残り11.4km、コンタドール、ローランをちぎり単独先頭に。

コンタドール、ペースを上げヘシェダル遅れる。ローランはコンタドールにぴったりくっついている。

残り12km、コンタドール、先頭ヘシェダルとローランに合流。

コンタドールの後ろにアンディ、エヴァンスとなっている。

ヴォクレールはちょっと厳しいか。

残り12.5km、コンタドールが飛び出す。アンディ、ちょっとだけ様子見。

さ、ラルプ・デュエズ突入でレッドブル注入!w

モレッマとエヴァンスが前に出る。フグルサング(LEO)は上るのをやめる。

残り13.3km、悪魔おじさん登場。

メイン集団からフグルサングがペースを上げる。BMCが追いついていく。

残り14km、ラルプ・デュエズへの上りに突入。いよいよ今年のツールも終盤に。

中間スプリントポイントはヘシェダル、ローラン、ジャネソン、ルイ・コスタ、リブロン、モンクティエ、シャルトー、エルファレス、ゴティエ、ジェローム、ヴォクレール、タラマエ、フォイクト、デウェールト、カドリの順。

【S】残り15km、中間スプリントポイントをヘシェダル(GRM)、ローラン(EUC)の順で通過。メイン集団とグループ・アンディが合流。

ん?ヴォクレールも追いついたってことは力と力の勝負ってこと?

残り17.6km、エヴァンス、アンディが交渉中。

残り20km、ローランが先頭、ヘシェダル追走、グループ・アンディの順。メイン集団とのタイム差1分9秒。ユーロップカーのアシストがメイン集団を鬼引き中。

残り23.5km、先頭14名からピエール・ローラン(EUC)が新人賞を目指して飛び出す。メイン集団とのタイム差1分18秒。

残り24.7km、グループ・エヴァンスが先頭5名に合流し、先頭集団は14名に。

グループ・エヴァンスとのタイム差が12秒に。きた〜!

残り30km、先頭5名とグループ・エヴァンスとのタイム差23秒、グループ・バッソとのタイム差は1分26秒、メイン集団とは1分40秒。

残り35km、先頭5名とヴォクレールとのタイム差2分。グループ・エヴァンスと先頭とのタイム差22秒。

エヴァンス補給欲しがるも後ろについているダニエルソンらが交代をなかなかしてくれない。

残り40km、先頭5名とグループ・エヴァンスとのタイム差20秒。グループ・バッソとは1分40秒。メイン集団とは1分43秒。コンタドールはオフィシャルのボトルバイクからボトル補給。

残り46km、サンチェスが逃げ4名に合流し先頭はコンタドール、アンディ、サンチェス、ファリアダコスタ、リブロンの5名に。ヴォクレールとのタイム差2分2秒。

先頭は4名、サンチェス、グループ・エヴァンス&フランク、グループ・バッソ、グループ・ヴォクレールに。

追走はサンチェスのみに。その後ろにエヴァンス、ヘシェダルグループに。

先頭4名、追走サンチェス、ヘシェダル、エヴァンスの3名で16秒、グループ・フランク7名、グループ・ヴォクレールとなっている。

ヴォクレール、チームカーからボトルを渡された瞬間、ボトルをたたきつける!

超級山岳ガリビエ峠はアンディ(LEO)、コンタドール(SBS)、ルイ・コスタ(MOV)、リブロン(ALM)、サンチェス(EUS)、ヘシェダル(GRM)の順で通過。

【HC】残り61km、超級山岳ガリビエ峠(2566m)をアンディ、コンタドール、ファリアダコスタの順で通過。

ヴォクレールのためにシャルトー、ジェロームが降りてきてアシストをしている。新人賞を獲得出来る可能性があるローランはグループ・エヴァンスについている。

残り62.3km、エヴァンスも飛び出す。ヴォクレール、ついに遅れる。バッソも。

残り62.6km、サンチェス(EUS)がメイン集団から飛び出す。

BMCのアシストはすでにいない。BMCはエヴァンスが単独に。

残り64.7km、ヴォクレール、グループ・エヴァンスに吸収。タイム差1分11秒。

残り65km、ヴォクレール、先頭から1分2秒差に。徐々に遅れ出す。メイン集団からはエヴァンスが前方に飛び出す。

メイン集団からシャヴァネル遅れる。

残り67km、先頭4名とヴォクレールまで40秒。先頭からメイン集団とのタイム差1分50秒に。

残り67.7km、インサウスティ(EUS)が遅れ、先頭は4名に。

残り69km、61kmに超級山岳ガリビエ峠(2566m)あり。ヴォクレール、踏んでいる。ゴールまで持つのか。

「ボトル君たくさんいますね」栗村 「ボトル協会です、かね」谷口談

残り70km、コンタドール、アンディ含む先頭5名とヴォクレールとのタイム差33秒。

残り70.1km、ボトル君登場!ただし引きの画w

メイン集団からヴァネンデールが遅れた。山岳賞ジャージが厳しくなるか。

追走ヴォクレールグループからヴォクレール飛び出し単独に。先頭5名を1人で追いかけようとしている。

メイン集団はリクイガス、BMCが前方に。

アンディ、きょうも先頭交代の要求を出す。

残り75km、先頭は5名に。コンタドール(SBS)、アンディ(LEO)、インサウスティ(EUS)、ファリアダコスタ(MOV)、リブロン(ALM)。ヴォクレールとのタイム差34秒。

先頭9名からフーガーランドが遅れ出す。

残り78.5km、超級山岳ガリビエ峠(2566m)への上りに突入。登坂距離16.7km、平均勾配6.8%。

ピノーに上りで「頑張った、ありがとう」とヴォクレールが肩をたたく。

インサウスティ(EUS)、アンディ(LEO)、コンタドール(SBS)、ドゥケ(COF)、フーガーランド(VCD)、リブロン(ALM)

【1】残り83km、1級山岳テレグラフ峠(1566m)はインサウスティ、アンディの順で通過。アンディ、山岳賞も獲得か。

先頭9名は相変わらずコンタドールが鬼引き。ヴォクレールとのタイム差30秒。

ピノー(QST)がヴォクレール(EUC)のためにひいている。フランス同盟の友情か。

残り85km、エヴァンス、メイン集団に吸収。あと2kmで1級山岳テレグラフ峠に。先頭は9名。

残り85.9km、先頭12名にコンタドール、アンディが追いつき逃げ14名に。

残り86.8km、エヴァンス、バイク交換。コンタドールらとタイム差開く。

残り87.3km、エヴァンス、メカトラらしき状態でグループ・コンタドールから遅れる。ヴォクレールも遅れている。コンタドールとアンディのみに。

先頭12名、ピノー(QST)、リブロン(ALM)、イザギレ(EUS)、フーガーランド(VCD)、コレン(LIQ)、ルイ・コスタ(MOV)、グティエレス(MOV)、イグリンスキー(AST)、フレチャ(SKY)、ドゥケ(COF)、ビュファーズ(COF)、ウルタスン(EUS)

残り87.4km、先頭にいたブルグハートがグループ・コンタドールに降りてきて、結局遅れる。

残り89.8km、コンタドールらと飛び出したフランクとバレドがメイン集団に戻る。

残り91.3km、コンタドールがペースアップ。フランク遅れる。コンタドール、アンディ、エヴァンス、ヴォクレールの対決に。

残り91.8km、メイン集団からヴォクレールも飛び出す。グループ・コンタドールに合流。メイン集団は6人に。

残り92.6km、コンタドールがアタック。アンディがついたあとフランクもついていく。サクソバンクvsレオパード・トレックの対決か〜。

残り104.9km、フーガーランドら4名に追走集団が合流し先頭は14名に。

スタート直後、フーガーランドら4名が飛び出す。

第18ステージでカヴェンディッシュ、フースホフト、ジルベールら87人が制限時間内にゴール出来ず、本来なら失格であるのだが、救済処置として20ポイント減点により、きょうも走行中。ポイント賞上位5名のうちロハスのみ制限時間内完走を果たす。

http://www.jsports.co.jp/cycle/tour2011/stage/stage_19.html
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

アンディ、超級山岳ガリビエ峠を制す ヴォクレールは総合首位死守 TdF18S [TdF2011]

【TdF】第18ステージ(ピネローロ〜ガリビエ峠 200.5km)は、アンディ・シュレック(チーム・レオパード・トレック)が60kmから飛び出し、アルプス通過100周年のガリビエ峠を制す。
総合首位はトマ・ヴォクレール(EUC)が死守、ゴール後バイクから降りられず。アンディ15秒、フランク1分8秒、エヴァンス1分12秒、クネゴ3分46秒、バッソ3分46秒、コンタドール4分44秒、サンチェス5分20秒、ダニエルソン7分7秒、クリストフ・ペロー9分27秒の順となった。
ポイント賞はマーク・カヴェンディッシュ(HTC)、山岳賞はジェリ・ヴァネンデール(OLO)、新人賞はレイン・タラマエ(COF)が獲得した。

【TdF18S見所】アルプス超級3つで最後はガリビエ峠の山頂ゴール。2つめイゾアール峠の上り60.4kmでアンディがアタック。上り終えたところでモンフォールが合流、下りは2人で向かうが平坦でちぎれる。アンディ7.7kmで単独先頭に。2kmエヴァンス鬼引きでコンタドールはメイン集団から遅れる。


総合はヴォクレール、アンディ15秒、フランク1分8秒、エヴァンス1分12秒、クネゴ3分46秒、バッソ3分46秒、コンタドール4分44秒、サンチェス5分20秒、ダニエルソン7分7秒、クリストフ・ペロー9分27秒の順。

第18ステージはアンディ、フランク、エヴァンス、バッソ、ヴォクレール、ローラン、クネゴ、タラマエ、ダニエルソン、ヘシェダルの順。

ヴォクレールのアシストをしていたピエール・ローランは新人賞獲得出来ず。タラマエに33秒足らなかった。

敢闘賞もアンディですか。ってか、アンディ爽やか〜。

コンタドールは3分50秒遅れでフィニッシュ

フランクがアタックでエヴァンスから順位を一つ上げた。ヴォクレール、マイヨジョーヌ守りきる。ローランは新人賞。

クネゴ遅れる。ローラン遅れた。

【G】アンディ、ガリビエ制す〜!

ローラン、ヴォクレールのためにひいている。マイヨジョーヌを守りきるためか。ローランは新人賞が目の前。

残り1km、アンディ、フラムルージュを通過。タイム差2分57秒。

メイン集団はエヴァンス、ヴォクレール、バッソ、クネゴ、コンタドール、フランク、ローラン。コンタドール、残り2kmで遅れる。

残り3km、メイン集団とのタイム差3分8秒。アンディが先頭。

残り3.3km、コンタドール、ダンス開始。準備運動はバッチリ?

メイン集団からタラマエ、ヴァネンデールが遅れる。

エヴァンスはココロの敢闘賞!?

残り5km、アンディ先頭、メイン集団とのタイム差3分15秒。

残り5.9km、メイン集団からサンチェス遅れる。悪魔おじさん登場。

エヴァンスの上り方ってホントMTB乗りの上り方だよね〜。

残り7km、先頭アンディとメイン集団とのタイム差3分30秒。タイム差縮まった。エヴァンスの鬼引きが利いている。

残り7.8km、イグリンスキー遅れる。アンディ単独で先頭に。

残り8km、メイン集団はエヴァンスがひいている。タイム差3分50秒。

メイン集団からエヴァンスがアタック。ヴァッソ、ヴォクレールらがついていく。

残り10km、先頭からロッシュが遅れる。逃げ2名に。タイム差4分24秒。

メイン集団はエヴァンスがひいている。エヴァンス、先頭をひきたくない。ほかの選手と先頭交代したがっている。先頭にいたモンフォールがメイン集団に合流。

残り12.2km、メイン集団は横に広がっている。何をしたいんだ。エヴァンス怒っている。

残り12.6km、メイン集団内で牽制。タイム差広がってしまうのか。

残り13.8km、メイン集団からコンタドールが前に出てきた。エヴァンス、フランクらがついてきている。

残り15km、先頭3名、メイン集団とのタイム差3分56秒。メイン集団にはヴォクレール、コンタドール、バッソ、フランク、クネゴ、サンチェス、エヴァンスらが残っている。

残り16.3km、先頭アンディ、イグリンスキー、ロシュの3名に。メイン集団とのタイム差3分44秒。

フランク、メイン集団から下がってチームカーからボトルをゲット。

モンフォール、お仕事終了。お疲れ様。アンディがペースアップ。デヴェニエンスも消えた。

メイン集団も20kmのゲートを通過。タイム差3分45秒。

メイン集団は縦一列に長く延びている。

残り20km、先頭はアンディ、モンフォール、イグリンスキー、ロシュ、デヴェニエンス、シリンの6名に。メイン集団とのタイム差3分43秒。

残り22.8km、アンディら先頭6名がガリビエ峠への上りに突入。平均勾配は4.9%。タイム差3分19秒。

残り25km、先頭アンディら含む6名、メイン集団とのタイム差3分7秒。メイン集団はエウスカルテルがコントロール

残り28km、先頭アンディ含む6名に。メイン集団とのタイム差2分53秒。ガリビエ峠への登りは22.8kmから。平均勾配は4.9%。

残り28.8km、ピンクのイエティ?が自転車を漕いでいる。

残り29.7km、イグリンスキーが吸収。

残り30km、先頭イグリンスキー、追走グループ・アンディでタイム差5秒切った。メイン集団とは3分17秒差。メイン集団はエウスカルテルが協力してひいている。

アンディ噛ませ犬で、アンディ潰しにコンタドールらが動いている、と思いきや、フランクが様子見でフランク最後に飛び出す、なんて…。

残り33km、先頭イグリンスキーとグループ・アンディとのタイム差57秒。メイン集団とのタイム差3分46秒。

アンディ、ヴァーチャル・マイヨジョーヌ点灯。

残り35km、先頭イグリンスキーとメイン集団とのタイム差3分55秒。

残り36.2km、コンタドールがバイク交換。パンクなどのトラブルはないようだが何があったんだ。

ウランがメイン集団に合流。

残り39.4km、メイン集団内、サンチェスとコンタドールが密談。スペイン連合が結成か?先頭とメイン集団とのタイム差4分4秒。

アンディが集団に回れ、との合図を出すも誰も協力せず。

先頭イグリンスキー、追走アンディ、モンフォール、ロシュ、デヴェニエンス、シリンとなっている。

残り45.2km、ウランが下りで単独落車。新人賞の行方はどうなる?

メイン集団は4分4秒で山頂を通過。アンディは2分14秒差をつけた。

超級山岳イゾアール峠はイグリンスキー、ロシュ、モンフォール、デヴェニエンス、シリン、アンディの順で通過。

イグリンスキーとアンディとのタイム差1分50秒。

上りの途中でモンフォールがアンディを待っている。下りで一緒にいくのか。

【HC】残り55km、超級山岳イゾアール峠(2360m)をイグリンスキー(AST)が先頭で通過。メイン集団とのタイム差4分7秒。

メイン集団のペースが上がった。タイム差2分が利いたか。

アンディ、ポストゥマを置いていく。メイン集団とアンディとのタイム差2分に。

残り56.6km、アンディ、ポストゥマに追いつく。アンディにアシスト合流。

残り57.5km、先頭イグリンスキー、追走4名1分4秒、アンディ2分50秒、メイン集団4分4秒。

イグリンスキー先頭、追走モンフォール、ロシュ、デヴェニエンス、シリンの4名に。

メイン集団内にはエヴァンス、フランク、コンタドール、ヴォクレール、ヴァッソらが残っている。アンディとのタイム差30秒差。

残り60km、メイン集団とのタイム差3分52秒。

残り60.4km、アンディがメイン集団からアタック。ついていく選手はいない。

先頭は7名に。メイン集団はフォイクトが終わり、レオパードはカードが徐々に減っていく。

残り61.4km、先頭からフーガーランド(VCD)が「無理!」と首をかっきる表現。イゾアール峠は55km。

先頭からイリサール(RSH)が遅れた。

メイン集団はフォイクト(LEO)が引き始めた。フグルサング遅れる。

先頭はモンフォール(LEO)、ポストーマ(LEO)、ウルタスン(EUS)、イグリンスキー(AST)、エルヴィーティ(MOV)、ロッシュ(ALM)、イリサール(RSH)、デヴェニエンス(QST)、シリン(KAT)、フーガーランド(VCD)の10名。

メイン集団はユーロップカー、リクイガスがコントロール。

残り65km、先頭9名に。メイン集団とのタイム差5分。

残り66.5km、メイン集団からブエがアタック。

先頭12名に。

先頭14名からイリザール(RSH)が後輪パンクで遅れる。

残り69.1km、超級山岳イゾアール峠(2360m)への上りに先頭14名が突入。登坂距離14.1km、平均勾配7.3%となっている。

メイン集団はジルベールが先頭をひいている。ヴォクレールもぴったりマーク。

マルティンが下りで転倒、との情報。

残り70km、先頭は14名、メイン集団とのタイム差5分4秒。

残り73km、補給地点のシャトー=ヴィル=ヴィエイユに突入。

先頭はナヴァルダスカス(GRM)とウルタスン(EUS)が飛び出した。

先頭集団内で言い合い。アローヨとジャニスンらが口論か。

残り78km、先頭イグリンスキーが追走集団に追いつかれる。タイム差5分23秒。

残り80km、先頭イグリンスキー、追走10名、第2追走8名、第3追走8名、メイン集団となっている。先頭とメイン集団とのタイム差5分39秒。

イグリンスキー(AST)が単独先頭で下っている。

メイン集団はウィンドブレーカーをとって山頂を通過。なぜかヴォクレールが先頭。5分38秒遅れ。

1つめの超級山岳アニュル峠をイグリンスキー(AST)、フーガーランド(VCD)、デヴェニエンス(QST)、モンフォート(LEO)、ウルタスン(EUS)、シリン(KAT)の順で通過。

【HC】残り93.5km、超級山岳アニュル峠(2744m)をイグリンスキー(AST)が先頭で通過。フーガーランド(VCD)が続く。

メイン集団のヴォクレールは前方に。ペースアップを指示か。

残り94.5km、先頭は10名に絞られた。

先頭19名からドラージュ、ドゥケが遅れた。

残り96km、超級山岳アニュル峠まであと2.5km、先頭は19名、メイン集団とのタイム差5分27秒。

残り117.2km、超級山岳アニュル峠への上りに突入。登坂距離23.7km、平均勾配6.5%となっている。

【S】残り154km、中間スプリントポイントをドゥケ(COF)が先頭で通過。メイン集団とのタイム差3分。

残り155km、メイン集団からアタックが決まり先頭は16名に。ドゥケ(COF)、ポストゥーマ(LEO)、ドゥラプラス(SAU)、デヴェニエンス(QST)、チャリンギ(RAB)、ブックウォルター(BMC)、イリサール(RSH)、エルビーティ(MOV)、ホンド(MOV)、ナヴァルダスカス(GRM)、ペレス(EUS)、ウルスタン(EUS)、イグリンスキー(AST)、モンフォール(LEO)、ロッシュ(ALM)、フーガーランド(VCD)。

http://www.jsports.co.jp/cycle/tour2011/stage/stage_18.html
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ボアッソン、単独逃げ切りV 総合はヴォクレールが維持 TdF17S [TdF2011]

【TdF】第17ステージ(ガップ〜ピネローロ 179km)はエドヴァルド・ボアッソン・ハーゲン(チームスカイ)が2級プラマティーノ峠手前でアタックを決め、10kmを単独で逃げ切り勝利した。メイン集団からはコンタドールがアタックをするもゴール手前でシュレック兄弟が追いつきタイム差つかず。
個人総合はトマ・ヴォクレール(EUC)が総合上位陣から若干のタイムを失うも維持した。エヴァンス、フランク、アンディ、サンチェス、コンタドール、クネゴ、バッソ、ダニエルソン、ウランの順。
ポイント賞はマーク・カヴェンディッシュ(HTC)、山岳賞はジェリ・ヴァネンデール(OLO)、新人賞はリゴベルト・ウラン(SKY)が獲得した。

【TdF17S見所】122km14人の逃げ決まる。山岳Pをシャヴァネル獲得。64.3kmペレスが飛び出し1級先頭通過。12.2kmまで単独で逃げる。シャヴァネルとボアッソンが先頭になるも10.9kmでボアッソン先頭に。3番手のイヴェール、集団からヴォクレールお宅訪問。

第17ステージは、ボアッソン、モレッマ、カザール、エルファレス、シャヴァネル、フォフォノフ、パテルスキ、ムラヴィエフ、イヴェール、ボジッチの順。

残り64.3kmから52km間も単独で逃げた敢闘賞はルーベン・ペレス(EUS)ですか。

山岳賞のヴァネンデール、日焼けが…。メット焼けですか。

ヴォクレール、タイムを若干失う。

サンチェス、コンタドールの後ろにアンディらが追いかけ追いついた。同一集団フィニッシュ

サンチェスとコンタドールがフラムルージュを通過。

サンチェスとコンタドールが一緒になってゴールへ向かっている。ヴォクレールは単独、先ほどのお宅訪問が利いたか。

ヴォクレールもイヴェールが入り込んだ駐車場に侵入。

【G】ボアッソン、逃げ切りフィニッシュ。

残り1km、ボアッソン、先頭でフラムルージュを通過。

メイン集団からコンタドールが下りで飛び出す。サンチェス、ヴォクレール、アンディらを置いていく。

ヴォクレール、メイン集団の下りでオーバーラン。

残り3km、ボアッソン先頭。メイン集団とのタイム差4分53秒。

残り4km、メイン集団が2級山岳を通過。4分53秒。3番手のイヴェール、下りでコースアウト、駐車場に侵入。

イヴェール(SAU)が下りで路肩ギリギリで走行。道幅が狭いのでカーブを曲がるのは大変。残り6.7kmでイヴェール結局単独転倒。

【2】残り8km、ボアッソン(SKY)が2級山岳プラマティーノ峠を先頭で通過。タイム差4分53秒。10秒遅れでモレッマ(RAB)イヴェール(SAU)が続く。

メイン集団からコンタドールがアタック。アンディ、ヴォクレール、エヴァンスがマーク。

残り10.2km、イヴェール(SAU)が追走集団から飛び出し、先頭ボアッソンを追っている。メイン集団とのタイム差4分53秒。

残り10.9km、ボアッソン(SKY)がアタックし、シャヴァネルを置いていく。

残り11.5km、シャヴァネル(QST)にボアッソンが追いつく。先頭は2名に。

残り12.2km、シャヴァネル、先頭のペレスを追い抜き先頭に。一気に差が開いた。

メイン集団はBMCが先頭をひいている。

追走が追い上げフォフォノフが吸収。先頭と追走のタイム差10秒。

追走13名からフォフォノフ(AST)がアタック。ペレスに追いつけるか。

残り14km、メイン集団とのタイム差6分37秒。メイン集団はBMCとレオパード・トレックがひいている。

残り14.8km、先頭のペレス(EUS)が2級山岳プラマティーノ峠への登りに突入。登坂距離6.7km、平均勾配6%となっている。

残り16.1km、アイゼル(HTC)がパンク。

57秒遅れで20kmのアーチを追走13名が通過。

残り20kmのアーチをペレスが先頭単独で通過。タイム差7分30秒。ランプレが先頭になりメイン集団のペースが上がった。

残り21.8km、メイン集団は新人賞のウラン&ランプレが先頭になってタイム差を縮めようとペースアップに入った。

残り26.3km、先頭から追走13名まで1分14秒、第2追走までが2分25秒、メイン種までは8分となっている。

残り29km、先頭ルーベン・ペレスが単独、メイン集団とのタイム差は8分6秒。メイン集団はガーミンとユーロップカーが前に出てひいている。途中ヴォクレールの攻めもw

残り37.7km、メイン集団からフースホフトがパンク。バイク交換。

残り40km、タイム差8分。先頭はルーベン・ペレス(EUS)、追走13名、第2追走3名、メイン集団となっている。
追走はモレッマ(RAB)、チャリンギ(RAB)、ホホノフ(AST)、ムラヴィエフ(RSH)、アマドール(MOV)、パテルスキー(LIQ)、ボアッソン(SKY)、シャヴァネル(QST)、カザール(FDJ)、エルファレス(COF)、ボシッチ(VCD)、ルークマンス(VCD)、イヴェール(SAU)の13名。
第2追走はロッシュ(ALM)、デヴェールト(QST)、フーガーランド(VCD)の3名。

【1】残り62km、1級山岳セストリエール峠(2035m)をルーベン・ペレス(EUS)が先頭で通過。

残り64.3km、ペレス(EUS)が先頭14名から飛び出す。

残り65.2km、悪魔おじさん登場。

【2】残り82.5km、2級山岳モンジェネヴル峠(1860m)をシャヴァネル(QST)が先頭で通過。イタリアにいよいよ突入。

【3】残り93.5km、3級山岳ラ・ショセをシャヴァネル(QST)が先頭で通過。ルークマンス(VCD)が続いて通過。

【S】残り97.5km、中間スプリントポイントをカザール(FDJ)が先頭で通過。タイム差5分。

【3】残り107.5km、3級山岳サント・マルグリートをシャヴァネル(QST)が先頭通過。エルファレ(COF)が続く。メイン集団とのタイム差4分55秒。

残り122km、メイン集団から飛び出した4名が合流し先頭は14名に。合流した4名はモレッマ(RAB)、パテルスキー(LIQ)、シャヴァネル(QST)、ポジッチ(VCD)。

残り129km、メイン集団から再びアタック。先頭は10名に。
ペレス(EUS)、チャリンギ(RAB)、フォフォノフ(AST)、ムラフエフ(RSH)、アマドール(MOV)、ボアッソン(SKY)、カザール(FDJ)、エルファレ(COF)、

残り139km、先頭10名がメイン集団に吸収。

残り169km、メイン集団からアタックが決まり先頭は10名に。
ゲルデマン(LEO)、トーマス(SKY)、ボアッソン(SKY)、ディグレゴリオ(AST)、サンチェス(RAB)、ルイ・コスタ(MOV)、カザール(FDJ)、ホンド(LAM)、ヴァンガーデレン(HTC)、デヘント(VCD)
http://www.jsports.co.jp/cycle/tour2011/stage/stage_17.html
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。